フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 浅草 鳥越 おかず横丁 | トップページ | 『地名に隠された「東京津波」』というより、単なる「東京地名研究」でしょ »

2012年2月 6日 (月)

江東区砂町の人は焼鳥とおでんが大好き

 ということで、台東区鳥越のおかず横丁では何の収穫もなかったので、その足で江東区北砂4丁目にある「砂町銀座」へと出かけた。

Dscf2910_2

Dscf2944_2

 こちらはおかず横丁とはまったく異なり、2メートル幅ほどの狭い商店街は人でいっぱいだった。まさしく北砂の人たちの胃袋担当という感じで賑わっていたのだった。

Dscf2914_2居酒屋兼焼鳥屋

Dscf2953_2おでん種屋

 ところが見ていると面白いもので、たかだか600メートル位の商店街なのだが、そこにあるのは、ここに写っているだけでも「焼き鳥屋」だけで8軒、「おでん種屋」が4軒という数にのぼる。撮影し忘れているお店もあったはずだから、実際にはもっと多くの焼き鳥屋さんやおでん種屋さんがあると思う。これに加えてとんかつ屋もかなりあった。

Dscf2915_2焼き鳥&惣菜屋

Dscf2962_2ここも、焼き鳥屋

Dscf2920_2おでん種屋、発見

Dscf2921_2また焼鳥屋だ

Dscf2922_2こちらはおでん種屋

Dscf2923_2焼鳥と空揚げの店

Dscf2924_2焼鳥と卵の店

Dscf2925_2「食べ歩きお断り」の焼鳥屋

Dscf2951_2おでん種屋だ

Dscf2958_2焼鳥ともも焼きの店 

 う~む、砂町の人たちはそんなに焼鳥、おでん、とんかつが大好きなのか。というか、やはり下町の惣菜の代表選手は焼鳥とおでんととんかつだということがよく分かる。

 この食慾を見てると、日本もまだまだ健全だという気がして、元気になるような気がしてくる。変なもんですね。

Fujifilm X10 @北砂 (c)tsunoken

« 浅草 鳥越 おかず横丁 | トップページ | 『地名に隠された「東京津波」』というより、単なる「東京地名研究」でしょ »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/53903288

この記事へのトラックバック一覧です: 江東区砂町の人は焼鳥とおでんが大好き:

« 浅草 鳥越 おかず横丁 | トップページ | 『地名に隠された「東京津波」』というより、単なる「東京地名研究」でしょ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?