フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『面接ではウソをつけ』って、そんなの当たり前でしょ | トップページ | 何故『政治家の殺し方』というカタいタイトルをつけるほど中田氏は講談社を嫌いなのか »

2012年1月 5日 (木)

正月仲見世原色美女図鑑

 新宿から浅草へという計画で街歩きしてみたわけなのであるが……。

「原色美女図鑑」っていうより「人混み図鑑」だなこりゃ。

Epsn0340_2

 1月4日から金融機関は普通に動き出し、街は普段通りの町になるのであるが、実際にはまだまだ金融機関以外の会社は大半がまだ正月休みだし、浅草浅草寺も初詣のお客さんでごった返している。初詣てのは元日に行くものだと思っている人には意外だが、その年の最初にお参りするのが初詣なので、別に元日じゃなくてもいいし、2月になってもいいそうだ。

 そんな浅草で見かけた「美女」たちで、ひと時の目の保養をどうぞ……って、まあそうでない方も、それなりの方も……、いるから人生面白いんじゃないか。

 上の写真は仲見世からちょっと入ったところにある下駄や手ぬぐいなどの和装小物屋さんの「粋れん(すいれん)」というお店で、毎年干支の動物を店先に飾っている。最初に発見したのはおととしで、張子の虎の子が犬みたいにマネキンに連れられてお散歩風、の飾り付けであった。昨年は兎だったし、今年は龍(本当は辰なんだけどね)なわけである。

 で、後は人人人という具合で、買い物もできやしない。まあ、そんなところも浅草の良さで、結局何しに来たんだ、ということになってしまう。

Epsn0315_2

 伝法院通りの脇の道も。仲見世も。

Epsn0325_2_2

Epsn0331_2

Epsn0332_2

Epsn0333_2

Epsn0323_2_2

 仲見世の裏通りも、とにかく人人人です。

EPSON RD1s Summicron 35mm/F2 @浅草 (c)tsunoken

 まあしかし、これだけの人出を見てしまうと、日本もまだまだ安泰だなと思ってしまうところが愚かしい。不景気なのでそれだけ神頼みをしたくなるのか、この人混みの中の一体何パーセント位の人が正規雇用/非正規雇用なのだろうかとか、失職中の人もいるだろうにとか、ついつい余計なことを考えてしまう。でもまあ、不景気面は見えないのだから、そこそこの幸せ感で浅草には来てるんだろうな。とりあえず浅草寺に来ている人たちは、ね。

 ということで、浅草に行って神谷バーで電気ブランでも飲んで帰ろうという計画は早々にあきらめて帰宅したのでした。

« 『面接ではウソをつけ』って、そんなの当たり前でしょ | トップページ | 何故『政治家の殺し方』というカタいタイトルをつけるほど中田氏は講談社を嫌いなのか »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/53653278

この記事へのトラックバック一覧です: 正月仲見世原色美女図鑑:

« 『面接ではウソをつけ』って、そんなの当たり前でしょ | トップページ | 何故『政治家の殺し方』というカタいタイトルをつけるほど中田氏は講談社を嫌いなのか »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?