フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『写真の秘密』じゃなくて、写真家の秘密だな | トップページ | 『社蓄のススメ』はなくて「お前も社蓄になれ」って言いたいんじゃないの? »

2011年12月 2日 (金)

乙女の工場見学

 そうか、女の子でも「工場萌え」ってあるのかな、と思ったのだが、しかしここで訪ねている工場は、食料品とか人形とか風鈴とか、なんか男が工場萌えする場所とは違うんだよな。もっと、製鉄所とか自動車製造工場とかにいかないと……。

『乙女の工場見学』(かおり&ゆかり著/講談社/2011年11月25日刊)

 行った工場は以下の通り;

キユーピー五霞工場

パソナグループ本部アーバンファーム

石井食品八千代工場

鈴木人形人形工房

丸井伊藤商店信州みそ工場

キッコーマンもの知りしょうゆ館

味の素川崎工場

花王すみだ事業場

篠原風鈴本舗

 う~む、食料品とか人形とか……。

 もうちょっと、自動車とか製鉄所とか家電工場とか、なんかそういう輸出ものを“工場”という言葉からはイメージしてしまうのは、私が男だから? 内需が大事ということはよく分かっている。今の日本を支えているのはこうした内需産業なのである、ということもよく分かっている。 

 NEWSポストセブンによれば『総務省が発表した2009年のGDP(国内総生産)に占める各国の輸出依存度を見ると、韓国が43.4%、中国が24.5%、ドイツが33.6%であるのに対し、日本は11.4%に過ぎない。

日本は輸出の絶対額で見れば中国、アメリカ、ドイツに次いで4位であるが、実はGDPの9割近くを内需が占める内需大国なのだ。G20の国々の中で日本より輸出依存度の低い国は7.4%のアメリカと9.7%のブラジルだけだ。』

 そうなのだ、日本は一時期の「国民総中流化」のおかげで、とても内需の大きい国になっているのである。GDPで中国に抜かれた、韓国に迫られたといっても、結局、国民の生活が向上しているわけではない両国に比べて、日本は国民の生活自体が向上しているので、結果、庶民の生活が苦しくなっているように見えるけれども、中国や韓国の貧しい人たちと比べると、まだまだずっと生活程度は良いのである、平均レベルでは。

 中国なんかは、GDPが日本を抜いたといっても、まだまだ地方に行っちゃうと電気はない水道もないなんてインフラ整備もおぼつかない場所がいくらでもあるし、国民の貧富の度合いなんて日本と比べればとんでもなく広いのである。中国の今後の課題は、結局、北京、上海、福建省なんていうところだけじゃなくて、中国全土を“総中流化”することなのだろうけれども、まあそれは無理だろうな。その前に、革命が起きちゃうよ。

 ということで、かおり&ゆかり姉妹の“内需”発想は正しいのであった。

 おまけに、食料品工場なんかだと「試食」ができたり「お土産」なんかも実際に食べられるものだしね。自動車や製鉄工場ではそういうわけにはいかない。自動車工場に行っても試乗はさせてくれないだろし、勿論、自動車をお土産にはしてくれないだろう。

 うーむ、やっぱり女子は“実利”でいくわけですな。

 それはそれで正しいが、でもやっぱり「工場萌え」ならハードな工場に行って欲しいと思う、オヤジなのであった。

Dsc_0136_2
これも女子力? ってちょっと違うか。みんな可愛いけれどもね。

Nikon D50 Tamron 200-500 @横浜 (c)tsunoken

« 『写真の秘密』じゃなくて、写真家の秘密だな | トップページ | 『社蓄のススメ』はなくて「お前も社蓄になれ」って言いたいんじゃないの? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/53366415

この記事へのトラックバック一覧です: 乙女の工場見学:

« 『写真の秘密』じゃなくて、写真家の秘密だな | トップページ | 『社蓄のススメ』はなくて「お前も社蓄になれ」って言いたいんじゃないの? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?