フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『地雷を踏む勇気』というほほどの勇気は普通ありません。小田嶋さんだってないくせして | トップページ | 『【中国版】サブプライム・ローンの恐怖』って言うほどの恐怖は日本にはないんじゃないの? と俺は思う »

2011年11月17日 (木)

『デザインセンスを身につける』とはいかないんだ、オヤジは

 腰巻に「[センスがない]は治らない?」とあったので、「センスがないは治らない」と返してチャカそうと思ったのだが、意外とこれが面白い本なのであった。

『デザインセンスを身につける』(ウジトモコ著/ソフトバンク新書/2011年9月25日刊)

 最初はフェイスブックやツイッターなどのSNSに自分の書き込みをするときの「アイコン」の話から始まる。つまりデフォルトのままの「顔っぽいイラスト」なのか「自分の顔写真」なのか「自分の顔イラスト」なのか「猫(とか犬とか)の写真」なのかということである。当然、名前も顔も知られていない我々普通のブロガーは「自分の顔」をさらけ出すのが普通なのだろう。まあ、名刺みたいなものですね。

 私もブログを書く時考えた。どんなアイコンを曝け出すかなあ、と。しかし、自分の写真にいいものがなかったので、やむなく昔から書いていた自分の顔イラストKao_kao_kao001 を使ったわけだ。それがうまくいっているかどうかは、ブログの結果とは関係ない。勿論、書く以上はヨリ多くの人に読んでもらいたいわけなので、それなりに努力はしてきたが、それがアイコンで決まるとは思っていなかった。

 読んでみると、なるほどなあアイコンってのも重要なのだなということはわかる。

 で、読み進んでいくと、まず基本はアイコンなんだけれども、その後にはプレゼンテーションの「考え方」、そう「プレゼンテーションの技術」や「プレゼンテーションの方法論」ではなく「考え方」というところに行き着くのである。

 と、そこで個人のブランディンングというテーマについて話題が移り;

あなたのケースで考えよう-1

ネット時代に見せるべき「知性」や「個性」、「能力」や「魅力」を鏡・剣・玉(三種の神器)にたとえてあらわしてみよう。

あなたのケースで考えよう-2

あなたの「個性」(らしさ)や「ポジショニング」(強み)をビジュアルやイメージであらわしてみよう。

あなたのケースで考えよう-3

「なりたいイメージ」や「見せたいイメージ」をつくるために方向性を明確にしよう。

あなたのケースで考えよう-4

「なりたいイメージ」や「見せたいイメージ」をつくるためにターゲットを明確にしよう。

あなたのケースで考えよう-5

「なりたいイメージ」や「見せたいイメージ」をつくるためにクラスとタイプを明確にしよう。

 という五つの提言になるのだが……、これってちきりんさんの『自分のアタマで考えよう』と同じことを言ってるんではないでしょうか。

 今の世の中、デザインが大事だということは分かっています。でも、この本はそんな通り一遍のことじゃなくて、一番言いたいことは、いろいろあるけど一番大切なのは「自分のアタマで考えよう」ということなのだ。自分のアタマで自分をどうデザインしようか、自分の会社をどうデザインしようか、自分の事業をどうデザインしようかということなのだ。

 うん、いいことを言うね。

 というか、これから数年はこうした、さくらももこさんと同年代だというウジモトコさんとか、多分その人たちと同じ年代のちきりんさんとか、1960年代生まれの女性たちがオピニオン・リーダーになっていくんだろうな。

 さて、団塊の老人はもう引っ込めよ、というところでしょうね。それは、まったく同感。

 

Images

かじったリンゴです。詳しくは本書を……。

« 『地雷を踏む勇気』というほほどの勇気は普通ありません。小田嶋さんだってないくせして | トップページ | 『【中国版】サブプライム・ローンの恐怖』って言うほどの恐怖は日本にはないんじゃないの? と俺は思う »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/53259304

この記事へのトラックバック一覧です: 『デザインセンスを身につける』とはいかないんだ、オヤジは:

« 『地雷を踏む勇気』というほほどの勇気は普通ありません。小田嶋さんだってないくせして | トップページ | 『【中国版】サブプライム・ローンの恐怖』って言うほどの恐怖は日本にはないんじゃないの? と俺は思う »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?