フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『異性に暗示をかける技術』ってタイトルはいかにもだけれども、実際にはそうでもない真面目なもんだ | トップページ | 『テレビは生き残れるのか』って? 生き残れるわけないじゃん »

2011年9月 3日 (土)

『サッカー少女 楓』は小学生向けの小説? それにしては価格が

 なでしこJAPANの澤穂希をモデルにした(そうである)小説が登場した。

『サッカー少女 楓』(高橋陽一著/講談社/2011年8月29日刊)

 なにしろ『キャプテン翼』の高橋陽一氏が書いた小説である。まさに惹句の通りの「青春サッカー小説」である。間違っても「性春サッカー小説」ではないのだな。高校生が主人公なのだけれども。

 澤穂希選手と同じポニーテールにした髪形の主人公「楓」は、実はなでしこJAPANの応援キャラクターとしてドイツ・ワールドカップの中継の際にもテレビで流されていた。その楓が小説の主人公になったのだが、何故、漫画じゃなくて小説というのが疑問である。それも大人向けの小説なのだそうだが……。そりゃ無理ってもんでしょ。

 漫画で同じものを書くと、週刊誌への連載でも2年くらいかかってしまう。ということは、2年後に澤が現役でいる可能性は低く、そうなると女子サッカー応援ドラマとしての漫画の価値も低くなってしまうかもしれない。というビジネス的な発想もあったのだろうか、ワールドカップで優勝して、なおかつロンドン・オリンピックの予選をやっている今のうちに出したほうが売れるだろうという、才覚だけはあるんだな、この人は。

 ところが、書いたものを読むと、なんかまったく『キャプテン翼』から進歩していないのだな、この人は。

 スポーツ選手が多少はそのほかの人たちとは違って、単純な頭の構造をしていることは分かっているが、ここまで単純な「前向き少女」の姿を見せられると、何かかえって鼻白んでしまうものなのだ。対戦校との裏取引に応じてサッカー部をやめてしまう男子サッカー部員が、楓たちの説得に応じてサッカー部に復帰するところなんて、「ええっ、そんな簡単に復帰するんだったら、最初からやめる必要なんてないじゃん」と、思わず卓袱台を引っくり返しそうになってしまった。幸い、卓袱台のないところで読んでいたので、引っくり返さないですんだのであるが……。

 更に、楓が先輩や幼馴染からの恋の告白を受ける部分も、「今はサッカーが恋人だから」なんて理由は、おじさんは受け付けないのだ。もう高校生でしょ。普通に成長していても、その年頃になれば、恋心を受け入れる年齢である。何せ、人生で一番性欲が旺盛な年頃だからね。おまけに、サッカーやっていて人一倍体力もあるし、体格だって良いはずだ。勿論、セックスまで進まなければ許さないぞ、ということではないが、性欲=恋心ともうひとつの別の目標、人によってはそれがサッカーであったり、受験であったりするわけであるのだが、との葛藤が必ずあるはずである。こうした葛藤や、心の陰影を描くからこそ、小説には深みが増すのであって、大人の読み物になっていくのである。

 ところが、こうした人物表現の深みのまったくない作品が、大人向けの小説として差し出されてしまうと、我々は戸惑うのである。これが少年向け、あるいは少女向けの漫画であったら、別に文句を言うつもりはない。また、小学生向けの読み物であっても、別に文句を言うつもりもない。性欲もまだ発達未定の小学生には恋愛物はまだ難しいかもね。更に、基本的には「小学生」が対象の(実際にはもっと大きなお友達が読んでますが)「少年漫画」「少女漫画」の世界なら、それまた『キャプテン翼』の少女版であってもなんらの問題もない。

 まあ、講談社も本書を少女向け・少年向け小説として売るのが正解であろう。少なくとも、大人の読者に向けたプロモーションはやっても、まったく無駄ですね。そう、徹底して子供向けに、「なでしこのお姉さんをモデルにした小説ですよ」と売るのがいいだろう。ただし、そのためにはちょっと値段が高いかな。

 それにしても、高橋陽一という人、頭の中身も『キャプ翼』から全然進歩していないのであれば、絵のセンスも『キャプ翼』から全然進歩していないのだな。小説のアタマに、小説の冒頭部分を漫画にした数ページと、キャラクター・イラストが載っているのだが(やはり漫画家って、こういうものがないとストーリーを作れないのかな)、この絵が『キャプ翼』からまったく進歩していない、スゴい無茶苦茶な等身とか、キャラ分けができていないとか……。

 結局、進歩したのは「ビジネス・センス」だけと言うところでチョン。

 

« 『異性に暗示をかける技術』ってタイトルはいかにもだけれども、実際にはそうでもない真面目なもんだ | トップページ | 『テレビは生き残れるのか』って? 生き残れるわけないじゃん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/52627881

この記事へのトラックバック一覧です: 『サッカー少女 楓』は小学生向けの小説? それにしては価格が:

« 『異性に暗示をかける技術』ってタイトルはいかにもだけれども、実際にはそうでもない真面目なもんだ | トップページ | 『テレビは生き残れるのか』って? 生き残れるわけないじゃん »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?