フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『テレビは生き残れるのか』って? 生き残れるわけないじゃん | トップページ | 「最前線」は見るほどのWebじゃないけど、とりあえず見てください »

2011年9月 5日 (月)

広島で不肖・宮嶋茂樹の話を聞く

 広島県立美術館へJPS展を見に行った。

Epsn9422_2_2

(c)桜井百合子

 ポスターの写真はJPS展で文部科学大臣賞をとった桜井百合子氏の組み写真のうち一番象徴的な白と黒のモノトーンな写真である。

 しかし、JPS展そのものは、東京の写真美術館で開催された際に既に見ていて、これは再見である。では何が理由で片道4時間、往復8時間もかけて日帰りで広島まで行ってきたのかといえば、表彰式の後に『写真家・JPS会員 宮嶋茂樹氏講演『一寸先は闇の報道写真」』があったからなのだ。「一寸先は闇」って、まさに不肖・宮嶋茂樹の写真の世界だし、何か面白い話が聞けそうだ、ということで……。

Dsc_0012_2_2

 表彰式の後で受賞者達の記念写真が撮られた。真ん中が宮嶋茂樹氏、その右がJPS副会長にしてJPS展委員長の熊切圭介氏。今回は選評をされました。

Dsc_0018_2_2

 で、いよいよ不肖・宮嶋茂樹氏の登場です。まずは、司会者の「最近はテレビなんかにも、よく出演されて……」という話をまず否定。多分、それは渡部陽一氏のことじゃないか、ということで、実はその後も渡部陽一批判みたいな話も出たんですが……。

Dsc_0029_2_2

講演はスクリーンにパソコンでこれまでの宮嶋氏の写真を上映しながら行われた

 宮嶋茂樹氏といえば、浅原彰晃の獄中写真や、金正日のハイヒール写真とか、他の写真家が撮らないような写真を多く撮影し、その後は戦争写真なんかで勇名をはせた写真家である。まあ、戦火でのオネエちゃんたちの写真もあるんだけれども。そんな突撃写真家が語る「一寸先は闇」の世界ってどんなだろう、という興味はみんなあるはずで、私もそんな興味で聞きにいったんだけれども、意外とそんな波乱万丈な話は出ずに、意外とマトモな写真論なのだった。ええ、宮嶋茂樹の写真論といったらもっと破天荒な写真論じゃないのだろうかと思ったのだが、意外とそうでもない。

 ということは、今回の講演は実は宮嶋氏の近作『再起』という、東日本大震災に材をとり数ヶ月被災地に通いながら作った写真集のプロモーションも兼ねていたからなのだった。この、『再起』という写真集。これまでの宮嶋氏の写真集のような「どうじゃ、ここまで撮ったぞ! なんぼのもんじゃあ」的なハッタリもない、きわめて真面目な写真集なのだ。

 宮嶋氏も50歳を過ぎて「カレ」てきたのか、あるいはやはり「同胞」が被写体となるために、そこはそれ少しは気を使いながら撮ってきたのか、ともあれこの写真集は編集者から「明るい」と言われたそうだ。確かに、写真集を見ると危機的な状況に陥った東北地方を撮りながらも、その写真に写っているのは、そんな危機的な状況から立ち上がろうとする人たちの明るい笑顔が多い写真なのだ。

 それまでは「みんなが撮らないのならワシが撮ったる」というど根性主義できた宮嶋氏だが、これからは、というか東日本大震災に関しては、復興の状況を撮っていきたいという宮嶋氏である。これをもって「写真家の成長」というのか、あるいは「写真家の興味の変遷」なのか、あるいは「写欲がたまたまあったから」であり、今後別の被写体に写欲が出てくれば、またそっちに行っちゃうのか、そんな先のことは分からない。

 ただし、まあ東日本大震災が宮嶋氏の写欲に多少の変化をもたらしたということは、事実であろう。それはこの『再起』を見ればよくわかる。

 ちなみに、この写真集は収益の一部どころか全部を東北の被災地への寄付に当てるそうだ。もちろん印税もね。

 で、これは写真展と何の関係もないのだが。たまたま、広島県立美術館の隣が「縮景園」という庭園があり、たまたまその前を通ったら見えてきた新郎新婦である。多分、縮景園で結婚写真を撮ってきたカップルなのかもしれない。まあ、こういう写真もタマにはいいですな。

Dsc_0004_2_2

EPSON RD1s Elmarit 28mm/F2.8, Nikon D100 AF Nikkor 80-200/F2.8

(c)tsunoken

« 『テレビは生き残れるのか』って? 生き残れるわけないじゃん | トップページ | 「最前線」は見るほどのWebじゃないけど、とりあえず見てください »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/52649320

この記事へのトラックバック一覧です: 広島で不肖・宮嶋茂樹の話を聞く:

« 『テレビは生き残れるのか』って? 生き残れるわけないじゃん | トップページ | 「最前線」は見るほどのWebじゃないけど、とりあえず見てください »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?