フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« tsunokenの昔の映画評 新たな記事UPです | トップページ | 『選挙』というドキュメンタリーには「何もない」よさがある »

2011年8月22日 (月)

既視感の葛飾・立石

 昨日の森山大道のドキュメンタリーで立石が出てきたからと言うこともあるのかもしれないが、何故か気になった葛飾・立石である。ということで早速、京成電車で立石まで出かけた。

Epsn9089_2

 京成立石の南口には仲見世通りがあって、昼間から居酒屋がオープン。午後3時には既に出来上がった人たちが町を流している。なるほど、森山大道が好きになりそうな町ではある。

Epsn9104_2

Epsn9094_2

 で、北口へ出てみると、何故か駅前商店街に既視感がある。何故だろう、と思いながら歩いていると。

Epsn9163_2

 突然、「トランスフォーマー」のデコレーションが! で、思い出した。

Epsn9114_2

 実は今から27年前、テレビアニメの制作担当をやっていたことがあるのだが、そのときのスポンサーがトミー(現・タカラトミー)で、毎週火曜日朝9時頃から打ち合わせと称する「低視聴率ごめんなさい」会議がトミー本社で行われていて、毎週毎週、立石まで通っていたのだった。当時、名古屋支社から東京本社に移ったばかりでそんな低視聴率番組を担当させられて、胃が痛くなって穴が開いちゃ言う毎日だった。

 立石はそんな嫌な思い出のある町だったので、なるたけ記憶から消し去ろうとしていたために、忘れていたのだが、ひょんなことで思い出すことになった。そういえば、見事半年で放送打ち切りが決まったときには、途端に胃の痛みがなくなり、穴もふさがっちゃって、自分の体の現金さにびっくりした覚えがある。

Epsn9120_2

 奥がタカラ・トミー本社ビル。手前が社長の富山幹太郎氏の家です。かなり大きな家です。スゴイね。

EPSON RD1s Elmarit 28mm/F2.8 (c)tsunoken

« tsunokenの昔の映画評 新たな記事UPです | トップページ | 『選挙』というドキュメンタリーには「何もない」よさがある »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/52522776

この記事へのトラックバック一覧です: 既視感の葛飾・立石:

« tsunokenの昔の映画評 新たな記事UPです | トップページ | 『選挙』というドキュメンタリーには「何もない」よさがある »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?