フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 松竹蒲田も既にない、って最早大船もないんだから当たり前の話 | トップページ | 日吉界隈を歩く »

2011年8月 9日 (火)

「光学通り」ってなかなかチャーミングな名前でしょ

 JR京浜東北線(東急多摩川線、湾岸線)の大井町駅と、横須賀線の西大井駅を斜めにつなぐような感じの通りに「光学通り」と言うのがある。なかなか不思議な名前の道でしょう。何だか分かりますか?

2011_08_07_033_2

2011_08_07_031_2

 って、もうカメラ好きの方なら分かりますよね。こここそ、日本のウェッツラー、でも本場のウェッツラーのようなド田舎の町ではない。大井町と言えば典型的な大東京のど真ん中、下町で町工場がたくさんある場所。で、大井町の光学工場と言えば旧・日本光学の本社、現在のニコン大井製作所なのです。すごいな日本のウェッツラー。

2011_08_07_034_2

 光学通りの入り口。もう完全にニコンのための道って感じです。

2011_08_07_029_2

 で、ここがニコン大井製作所。

2011_08_07_028_2

 大井製作所オフィスと道を挟んで反対側にあるのが工場。こちらの工場でニコンFからF6までのフラッグシップ機の開発、製造が行われていた。ベトナム戦争で岡村昭彦や沢田教一、石川文洋などみんなが使ったニコンFのすべてがこの工場で作られたわけである。そんなことを考えると、どこかこの工場が神々しく見えてくるから不思議だ。

 で、光学通りなのだけれども、もともと日本光学という会社は、三菱資本の元に精密機械会社、ガラス製造会社、レンズ製造会社の三つが合同して作られた会社で、海軍系の光学兵器を作る会社であった。光学兵器と言ったって、光を寄せ集めて人を焼き殺すなんてものではなくて、要は海軍用の測距儀(レンジファインダー)とか双眼鏡、狙撃眼鏡(スコープ)なんかを作っていたわけだ。それが戦後になって民生品を作らなければいけなくなって、ニコンカメラが出来たわけだ。最初は、それこそお得意のレンジファインダー機を作っておりニコンSに始まって、最終的にはニコンSPまでいって、それはライカM3に並ぶ名機とも言われたのだが、結局ライカというブランドには勝てずにレンジファインダー機からは撤退し一眼レフ機の方向に向かうところを定めたおかげで、ニコンは大成功。1959年にはニコンFを発表し、それこそベトナム戦争取材の望遠系スタンダード(標準・広角系はやはりライカM3がスタンダード)カメラとなるに至るのである。

 50mmはライカM3標準装備にライカメーター、35mmはライカM3にメガネを付けて、望遠はニコンFに135mmか200mmというのが基本のベトナム戦争取材スタイルである。う~ん、みんなカッコ良かったなあ。

 と言う位、大井町の人たちにも日本光学という会社は親しまれていた、というか当時の一大工場だったわけであり、日本光学によって食っていた人たちも周辺にいっぱいいたということなのだろう。まあ、それだけ当時の日本を代表する輸出残業ということで町の人の誇りなんかも集めたのだろう。

 光学通り自体はなんのこともない、普通の道であり、普通の商店街でしかない。光学通りという名前が面白いというだけ。しかし、下丸子に行ったって、キャノン通りとか精機通りなんてものはないのだから、それだけこの光学通りという名前がチャーミングに思えてきてしまうのだ。

 しかし、こんな町は当然アメリカに捕捉されているだろうから、第二次世界大戦で空襲に遭わなかったのだろうな、ってあってるに決まっているから、その後の復旧でしょうね。すごい、日本光学。

EPSON RD1s Elmarit 28mm F2.8 (c)tsunoken

« 松竹蒲田も既にない、って最早大船もないんだから当たり前の話 | トップページ | 日吉界隈を歩く »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

随分前のブログにコメントありがとうございます。ご指摘の点以外にも間違い発見!
いずれ修正します。

大井町に東急多摩川線は来てませんよ〜(大井町を通るのは東急大井町線)
あと、湾岸線じゃなくて「りんかい線」ですね。
ちょいと気になったので訂正します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/52416618

この記事へのトラックバック一覧です: 「光学通り」ってなかなかチャーミングな名前でしょ:

« 松竹蒲田も既にない、って最早大船もないんだから当たり前の話 | トップページ | 日吉界隈を歩く »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?