フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 残念な駅名 | トップページ | 『女子の古本屋』という自己実現 »

2011年7月 8日 (金)

東京国際ブックフェア開催中

 第18回東京国際ブックフェアが昨日から開催されている。昨日今日は業界関係者のみで、7月9、10日が一般の入場者が入れる、っていっても昨日も普通の人も入っていたようだし、あまり厳密には分けていないようだ。って、所詮出版関係者なんていっても、まあ、要は普通の人の集まりだしな。

2011_07_07_028_2_2

 もともとフランクフルト・メッセやボローニアのような「国際書籍版権市場」を目指して出発した「東京国際ブックフェア」なのであるけれども、当初はなかなか「版権市場」とはならずに、結局は読者向けのプレゼンテーションが中心の「フェア」であった。つまり「東京国際ブックマーケット」ではなかったわけなのだ。つまり「マーケット」としては、あまり注目されていなかったので「フェア」という言い方をしていた、というわけなのだ。

 何故、ヨーロッパではこうした書籍市場(フランクフルト・ブック・メッセやボローニア)とか映像市場(映画ではカンヌ映画祭マーケットとかベネチアとかがあり、テレビやビデオではMIP-TVとかモンテカルロTVマーケットとか)が盛んに行われているのかと言えば、それは単純に、多国籍・少国民というヨーロッパならではの国事情があるわけだ。つまり、いろいろお金をかけた本や映像が自分の国の市場だけではペイしないので、それを同じヨーロッパの他の国へライセンスすることで、マイナス分を賄おうという発想なのである。そう、ヨーロッパでは「インターナショナル・マーケット」といっても、それは基本的には「ヨーロッパ内部」でのことであり、それ以外の地域はまあ取り敢えずそこでも稼げたらいいね、というレベルのテーマであったのが、前世紀までの考え方。

 だって、ヨーロッパ人にとっては、ヨーロッパ以外の土地は「未開の土地」であり、そんなところでヨーロッパ人がつくった高尚な文化的創造物が理解されるわけはないのだ。そしてそれでいいのだ、というのがヨーロッパ人の基本的な発想なのだ。ということを、私はフランクフルト・ブック・メッセには行ったことはないが、MIP-TVとかMIPCOM、モンテカルロTVマーケットに何度か出張した経験から判ったことだ。

 まあ、ヨーロッパ人からしてみれば、アメリカ大陸だって、アジア大陸だって、要は「自分たちの知らない場所」だし、場所によっては言葉も通じないし、文化はおおいに異なる。そんなところに自分たちの「文化」たる「本」や「映像」が売れるわけないじゃん、というのが昔の映像市場での日本の立ち位置ではなかったのかな。でも、ヨーロッパ的生活は日本でも受け入れたんだよね。

 その日本がいまやクールなアニメションやコミックやコスプレをヨーロッパに輸出するような状況になっているのだ。そう、世の中は替わるのである。

2011_07_07_011_2_2

2011_07_07_013_2_3

 ということで、次第に海外からの出展も増えてはきている。多いのは、やはり日本に近い韓国や中国、台湾、中東なのであるが、それ以外の地域からもいろいろきていて、たまたま写真に撮ったのはスペインとエジプトだったというだけ。

2011_07_07_018_2

 あとは、基本的には今年も併催されている「電子出版EXPO」ですが、昨年はiPadが発売された直後ということもあり、電子出版ってなんなのさ、電子書籍ってなんなのさ、ってことが中心の展示でしたが、今年はデバイスの展示は当然ながら、「電子書店をわが社のサイトに」という呼び込み展開が多かったのかな。

2011_07_07_022_2

ボイジャー社は相変わらず、の展示です。

多分、この会社が日本における電子書籍のソリューションを提供してくるんだろうな。

EPSON RD1s Elmarit 28mm (c)tsunoken

« 残念な駅名 | トップページ | 『女子の古本屋』という自己実現 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/52146815

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国際ブックフェア開催中:

« 残念な駅名 | トップページ | 『女子の古本屋』という自己実現 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?