フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『太宰治の作り方』は、太宰治と津島修治の間を繋ぐのか、分けるのか | トップページ | 『菊池寛と大映』って確かに初代社長だけど。実はそれがいけない始まり? »

2011年6月23日 (木)

『熟女ホテトルしびれ旅』はいいのだが、その後の作者の動向が気になる

 まあ、たまにはこういう本も読むんですよ。実際には下半身からの欲求で本を読むこともあったりして。

『熟女ホテトルしびれ旅』(東陽片岡著/青林工藝舎/2011年1月25日刊)

 で、この東陽片岡氏は自分の趣味なのか、あるいは編集部(週刊漫画サンデー)の趣味なのかは分からないが、とにかく熟女(40代・50代..60代!)の女性を求めて鴬谷とか渋谷のホテトルにED治療薬を服用しながら出撃するわけだ。

 たしかに、40代はまあOKとしても50代・60代となってしまうと、普通の男はあまり勃たなくなってしまうのではないか? でも、そんな50代・60代の女性に対してもちゃんと勃たつという(まあ、ED治療薬を使っているのだけれども)のは、東陽氏に50代・60代の女性に対する愛情があるということなのだろう。

 で、ホテトル料金はいくらかかるのかと言えば『ワタシが熟女ホテトルに通い始めた20数年前と、現在の料金を比べますと、実はナンとほとんど同じか下がっている場合が多く、ホテトル代つーのは、実は物価の優等生なのであります。 

 だいたい80~100分で2万円前後、高級店は3万円+αつーのが現在の相場となっいます。それにホテル代が数千円かかりますので、おおむね2万数千円でシアワセのひと時を送れるつー訳でございます。

 これを高いと感じるか安いと感じるか、それはすべて女性とのおセックスにかかわっているのであります。ハッキシ言って「この人とはしたくない」つー感じの方がいらしゃるという事も、ままあったりします。ワタシがルポする時、読み手はそちらの方が喜んでくれるものですから、チェンジはなるたけ、いやゼッタイしないよーに決めました。』

 というのだから、東陽氏自身のプロ根性も見えてくるという訳だ。

 しかし、こうしたルポルタージュって、実際いくつまでできるのだろうか。どうも東陽氏は殆ど私と同じ年齢か若くても10歳も下ではないだろう。だとすると、こうした「体当たりルポルタージュ」はもう無理だろうな。その後、東陽氏はどうするんだろうか。基本的に、自分の体験をコミックで報告してくる「コミック・ルポルタージュ」とか「コミック・エッセイ」の形で自作を発表してきた東陽氏である。

 今後の働き方が気になる東陽片岡氏ではある。

 

« 『太宰治の作り方』は、太宰治と津島修治の間を繋ぐのか、分けるのか | トップページ | 『菊池寛と大映』って確かに初代社長だけど。実はそれがいけない始まり? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/52016316

この記事へのトラックバック一覧です: 『熟女ホテトルしびれ旅』はいいのだが、その後の作者の動向が気になる:

« 『太宰治の作り方』は、太宰治と津島修治の間を繋ぐのか、分けるのか | トップページ | 『菊池寛と大映』って確かに初代社長だけど。実はそれがいけない始まり? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?