フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン』はいちいち腑に落ちる話ばっかりだ | トップページ | 『闘牛』というより「牛の角突き」について語りたくなってしまうのだ »

2011年5月17日 (火)

「牛の角突き」の予告

 実は、今日は本を読む暇が全然なくてまだ読み終わっていないのが『闘牛』という作品なのだ。つまり、それは徳之島の闘牛のノンフィクション・ノベルでありまして、結構これが面白い。とは言うものの、まだ読んでいないので、前に見に行った山古志の「牛の角突き」の写真でちょっと誤魔化し・・・という訳ではなくて、来週の日曜日には山古志の角突きに行く予定なので、その予告なのであります(なんて苦しい言い訳をしています)。

Img382_2

 ガツンという立ち合いで頭をぶつける牛たち。痛くないのかね、とも思うがいやいやこれが平気なのですね。

Img443_2

 山古志の牛の角突きは勝負を決めない。とにかくすべての取り組みが「引き分け」なのである。それについてはいろいろ理由があるのだろうけれども、それについては明日か5月22日以降に書きます。実は本当のところはよくわかっていないのです、諸説あるので。

Img472_2

 で、牛の角突きでも、徳之島の闘牛でも大事なのは、この牛の周りにいる「勢子」だという。勿論、基本的には牛本人(?)の闘争本能というものなのだろうが、それをうまく炊きつけたり、抑えたりするのが勢子の仕事であるという。

Img438_2

 で、どうも見ていて「こりゃ勝負あったな」というところで角突きは終わるのであるが、徳之島の闘牛はそこでは終わらないらしい。でも、そんなことしちゃったら、今後一切負けた牛は「再戦」なんてしないはずだ。これは動物としての本能であるはず。つまり、一度負けた相手とは絶対に再戦はしないはずなのだけれどもなあ。それが、徳之島では大丈夫、一度負けた相手でも再戦するようなのだ。う~む、これは今週末に行った時に聞いてみよう。

Img232_2

 で、その強い牛たちも実は優しい動物なのだ。まあ、元々は草食動物だしね。こんな女の子に角を触られても平気だし、この子はおっかなびっくり角を触っているけれども、こんなに怖がらなくても、地元の子どもたちは平気で牛たちと遊んでいる。

 とまあ、予告編をつらつら書き述べましたけれども、取り敢えずは明日あたりに下記の『闘牛』について書き、来週早々には「山古志の牛の角突き」について書きます。

 というところで、今日は予告編でおしまい。

NIKON F4 Nikkor 70-200, LEICA M6 Summilux 50mm (c)tsunken

« 『FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン』はいちいち腑に落ちる話ばっかりだ | トップページ | 『闘牛』というより「牛の角突き」について語りたくなってしまうのだ »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/51689806

この記事へのトラックバック一覧です: 「牛の角突き」の予告:

« 『FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン』はいちいち腑に落ちる話ばっかりだ | トップページ | 『闘牛』というより「牛の角突き」について語りたくなってしまうのだ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?