フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか』って? 言えますよ | トップページ | 『定年後 年金前』は残り20年をどう生きるかということでしょう。どうしようかな »

2011年3月18日 (金)

『東京を弄んだ男』なんて葬り去れ

 いやあまたやってくれましたね。石原慎太郎の「空気読まない」発言であります。

 つまり「アメリカのアイデンティティーは自由。フランスは自由と博愛と平等。日本はそんなものはない。我欲だよ。物欲、金銭欲。......我欲に縛られて政治もポピュリズムでやっている。それを一気に押し流す。津波をうまく利用して我欲を洗い落とす必要があるね。積年たまった心の垢をね。これはやっぱり天罰だと思う。被災者の方々、かわいそうですよ。」という。

『東京を弄んだ男 「空疎な小皇帝」石原慎太郎』(斎藤貴男著/講談社文庫/2011年3月15日刊)

 石原慎太郎については私もいろいろあるのだが、東京都青少年健全育成条例の改正に伴ってコミック十社会が東京国際アニメフェアをボイコットした際に「あとでホエ面かくなよ」と恫喝したのはよく覚えている。結局、東京国際アニメフェアは地震の影響もあって中止となり、私なんかは石原が4選出馬表明をした直後に地震が起きたのを見て、多分これは天が石原に怒ったのではないか、と考えていたら、なんと石原は地震は天罰だというそうな。つまりそれは、自身が4選出馬なんていう身の程知らずの「我欲」に捕らわれた発言をしたための石原に対する「天罰」ではなく、「我欲に縛られて政治をポピュリスムでやっている東北の人に対する天罰」なのだというから、呆れてものも言えない。

 しかし、問題なのは石原ではないのかもしれない。つまりこんな男に12年3期にわたって都政をまかせた都民なのだ。世界に冠たる大都市・東京のまさに一番の恥部が石原なのである。おまけにあと4年、都合16年間も任せるつもりかね。差別主義者で軍国主義者の物欲、金銭欲と権力欲にまみれた小汚い男に。

 都庁福祉局の中堅幹部だった女性から斎藤氏が受け取った手紙の一部に書かれている。

『彼は弱者といわれる者、すべてが嫌いなのです。障害者、高齢者、女性、外国人、貧しい人、失業者、ホームレス etc。でも、地方自治体において、これらの人々のために行う施策は大きな比重を占めるものであり、嫌いだから切り捨ててよいものではないはずです。

 しかし、石原慎太郎は、それを行っているのです。弱者や福祉などという言葉は、彼の前では禁句のようなものでしょう。二代前の福祉局長は女性でしたが、就任して一年位で、ガンで亡くなりました。庁議などでガンガンやられて、忍びがたきを忍んでいたためだろうと、多くの職場の仲間たちのウワサでした。』

 まあ、そんな男なのである。環境庁長官の時に、水俣病の患者たちの陳情もうけずにテニスに行ってしまう男なのである。自ら戦争に行ったこともないくせに、『高校を卒業した年齢の子供は、1年間か2年間、軍隊か警察か消防に入る義務を課すべきだ』と書く男なのである。彼らだって自分と同じ表現者として同列にある筈の、漫画家に対して『ある意味で卑しい仕事をしているのだから、彼らは』といって切り捨てる男なのである。まあ、自分の書いた勃起したペニスで障子を突き破るだけの小説や、女子大生に睡眠薬を飲ませて犯したり、精神障害のある女性を輪姦したりする小説は、卑しくない仕事だと思っているのだろうか。。

 斎藤氏はこう結論づける。

『”空疎な小皇帝”自身は若い頃のまま反逆者のつもりでいるのかもしれないが、現実は決してそうではない。文壇デビュー間もない頃の石原氏に作家の美川きよ氏が投げかけていた言葉が思い出される。

 ――あやつり人形にならないで。

 この国が戦後最大の転換点を迎えている事実は動かない。明るい時代のシンボルだった石原慎太郎という人が、今また暗い時代へと向かいつつある現代において与えられようとしている役割は、あまりにも悲しい。』

 斎藤氏はまだまだ石原には優しい。

 そんなことでは甘すぎる。もはや石原慎太郎なんて輩は、この国から葬り去らなければならないのだ。

 少なくとも都民の皆さん。4選だけはさせちゃまずいですぞ。

 石原じゃなくたって、超優秀な都官僚と有り余る税収のおかげで、誰がやっても都知事なんて出来ちゃうんだから。石原じゃなくてもいいの。

« 『キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか』って? 言えますよ | トップページ | 『定年後 年金前』は残り20年をどう生きるかということでしょう。どうしようかな »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

そうですね。
じゃあ、反石原運動を起こそうじゃないですか。ブログは所詮バーチャルな世界でしかありません。しかし、政治はリアルな世界のことだし、私たちの日々の生活に関わることなのです。
と言っても、投票日まであと2日しかないけどね。

いやあ!はじめて私と同意見の人にあって凄く嬉しい!まさにそのとおり!石原の人をこ馬鹿にしたようなさも自分ほど世の中に頭がよくてなんでもでき、世の為人の為に汗かいて働く立派な人間は他にいないとばかりに常に上目線で人にものを言うあの傲慢でこうまんちきな態度には私もあなたと一緒ではらわたが煮えくりかえってました。本当に勇気をもって私達反石原の思っていることを全て洗いざらい言ってくれて心から感謝致します。本当にありがとうございました。

ワタミだって誰だっていいけど、取り敢えずは「イシハラ」には入れないってことではないですか? まあ、でも当選してしまうのだろうな。この国の平凡な人間の感覚からしては・・・。残念。

どうやって石原を落とそうかな?
嫌だけどワタミに入れようか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/51138968

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京を弄んだ男』なんて葬り去れ:

« 『キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか』って? 言えますよ | トップページ | 『定年後 年金前』は残り20年をどう生きるかということでしょう。どうしようかな »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?