フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『「だましだまし生きる」のも悪くない』は香山リカの本ではない・・・んですよね | トップページ | 『自分探しと楽しさについて』じゃなくて「自分語りと(自分の)楽しさについて」でしょ »

2011年3月 4日 (金)

『高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人』って、当たり前でしょ

 昨日、「がんばらなくてもいい教」教組の香山リカさんを取り上げたので、教は「がんばりましょう教」教組の勝間和代さんの本を取り上げます。まあ、これで問題はないでしょ。だって、どちらも最終的には言っているとことは一緒なんですよ。

『高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人』(勝間和代著/小学館101新書/2011年2月6日刊)

 本書でのキーワーードは「アカデミック・スマート」と「ストリート・スマート」という考え方。さらに、「オッカムのカミソリ」と「ヒューリスティック」という方法論です。ようするに、学校とかで「頭がいい」んじゃなくて「実戦世界で頭がいい人」になろうよ、ということなのです。

 で、言いたいことがよくわかる目次が以下の通り;

1章 頭がいい人の7つの習慣 『ものを概念化する癖がある/切れ味のいい「オッカムのカミソリ」を持っている/頭の中に充実したデータベースがある/頭の中から引き出すきっかけを豊富に持っている/数字、特にベクトル数字に強い/リスクテイカーである』

2章 頭がいい人の7つのスキル 『決して情報を鵜呑みにしない/例外処理が得意/自分の意見を持っており、人の意見に左右されない/非常識だが、生産性が高い/経験と概念を上手につなげることができる/到達点のポイントを見極め、手段を自分で見つけられる/圧倒的なメリハリとスピード感が人を魅了する』

3章 新しい考え方をもたらす7つの視点 『知的な継続した興味/クリティカル・シンキング/概念操作能力/データ収集能力/画像化能力/数値化能力/言語化能力』

4章 頭をよくする7つの方法 『知識・教養を楽しみながら修得し続ける/「概念のボキャブラリー」を増やす/とことん、自分で見て、聞いて、考えて、動いてみる/1分あたりの情報処理量を高めるための投資を惜しまない/自然に生まれた人脈から学ぶ/ストリート・スマートな人の生活習慣を身につける/真の意味での「実直さ」「正直さ」こそが、ストリート・スマートを生む』

 要は、人間は「知識」だけじゃダメで「知能」が大事だということ。「知識」をどうやって実践の場で生かすかということの「知能」の問題であるということ。ということでしょう。それは当たり前と言えば当たり前、まあ、皆よくわかっていることではあるのだ。とはいいうものの、実はあまり分かっていないのがその「知識」と「知能」の問題なのだ。「知識」を持っている者はその知識をひけらかすだけでそれを実践の場に使わおうとしない。「知能」がある者は、自分の知識圏内のことだけに止まってしまって、それ以上の「知識」を得ようとしない。という問題があるのであろう。

「知識」と「知能」をちゃんと一致させれば、いい仕事が出来るというのが勝間氏の考え方である。それはそうだ。そんな意味では「アカデミック・スマート」ばっかりの日本の官僚たちの考え方は勝間氏にとっては、もうどうしようもないくらい「ダメ官僚」の集まりにしか見えないだろう。

 しかし、日本という国はそんな官僚によって動かされているのだ。菅民主党がいくら言っても、そんな官僚体制はみじんともしない。政治は単に官僚体制の上に乗っている「雲」みたいなもんで、陽が当たったら少しは政策も変わるかもしれないが、実際には殆ど変わらないのだ事実である。

 じゃあ、どうすれば「ストリート・スマート」な政治が出来るのかと言えば、それについては中央大学ビジネススクール客員教授の勝間和代氏は応えないのだ。彼女が言うのは単なる「経済状況だけ」なのだ。しかし、いまや経済が政治を動かす時代でしょ。だったら、経済状況を語る人は政治も語らなけりゃいけないんじゃないのかなあ。

 そんな意味では「ちょっと残念」な本ではあるけれども、いわゆる「自己啓発本」というカテゴリーで見てしまえば、それを読んだ読者を少し「突き放し」ている部分で、楽しい。

 つまり「おわりに」で『ここまで、頭をよくする方法について実践編を書きましたが、残念ながら、「すぐに誰にでも通じる魔法のやり方があるのではないか」と期待された方たちに、特効薬をだすことはできませんでした』と書く通り、この本を読んでも「アカデミック・スマート」から「ストリート・スマート」になれる方法論なんて書いていないのである。「オッカムのカミソリ」なんて使える人間にはなれないのだ。

 要は、自分たちの人生論の中でそれを探すしかないということなのだろうな。そこで、「ストリート・スマート」と出会うか、「オッカムのカミソリ」に出会うかしかないのであろう。

 まあ、それが普通の感覚ではあるし、普通の結論なのだ。ってことは勝間さんも言っていし。まあ、普通の結論でしかないということなのだろう。

 要は、自分で頑張れよ、ということでしかない。

« 『「だましだまし生きる」のも悪くない』は香山リカの本ではない・・・んですよね | トップページ | 『自分探しと楽しさについて』じゃなくて「自分語りと(自分の)楽しさについて」でしょ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

こんにちは、「Leader's×Reader's」運営事務局の鈴木と申します。
まずは、突然このような形でコメント欄に書き込みを
させていただきました失礼をお許しください。

実は先日オープンした「Leader's×Reader's」というサイトにご協力いただけるブロガーさんを探しています。

http://www.ls-rs.com/

「Leader's×Reader's」は、著者と読者をつなぐポータルサイトです。
登録者にはベストセラー作家が多数います。
新たに書評をブログに書いてる方々に参加して頂き、真の意味での著者と読者をつなぐポータルサイトを目指しています。

今回、様々な書籍をテーマにしたブログ記事を拝見しました。
大変素晴らしい内容でしたので「Leader's×Reader's」に掲載し、ご紹介させて頂きました。

もし掲載が厳しいようでしたらお教えください。掲載を取りやめます。
ご不明な点等々がありましらお気軽にお問合わせください。

今後ともよろしくお願いします。

Leader's×Reader's運営事務局
鈴木
contact@ls-rs.com

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/51008392

この記事へのトラックバック一覧です: 『高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人』って、当たり前でしょ:

« 『「だましだまし生きる」のも悪くない』は香山リカの本ではない・・・んですよね | トップページ | 『自分探しと楽しさについて』じゃなくて「自分語りと(自分の)楽しさについて」でしょ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?