フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『財布に優しいパチンコ学』なんてある訳ないじゃない | トップページ | スナップショットを考える写真展 »

2011年1月15日 (土)

『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』

 ということで(なんのこっちゃ)、今日は昨日の話の本番。ポイントは日本はパチンコを廃絶できるかということなのである。

『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』(若宮健著/祥伝社新書/2010年12月10日刊)

 初版が12月10日で、私が買ったのは2版で12月25日だから、まあ、売れているんだろうな。それだけ日本でもパチンコ依存症の人が多いということなのだろうか。困ったもんだ。

 人はなんでパチンコ依存症になるのだろうか。そして。パチンコと同じ博打でありながらルーレットやバカラなんかのカジノ賭博ではそんな依存症というのは聞かない。しかし、競馬、競輪、オートレース、ボートレースなんかは、やっぱり依存症のような人たちがいるらしい。

 つまり、安いお金で参加できる博打だからこそ、誰でも参加してそして依存症になってしまう人が多いのだろう。カジノ賭博では今やタキシードやイブニングドレスじゃなきゃだめというほどではないけれども、それなりの格好をしていなきゃ出入りできないし、他の人との関係でルーレットやバカラなんかはそれ相応の掛け金が必要になるのだ。まあ、スロットマシンなんかはモナコでも5フランとか位からできる素人用のマシンなんだけれども、でも、さすがにスウェットで入るのはためらわれる雰囲気なのだ。勿論、こんなカジノであってもギャンブル依存症になる人はいる。浜田幸一氏なんかはその口だろう。でも、それはごく一部の人だけだろうし、そういう人がギャンブル依存症になっても同情する人は誰もいないから、まあ問題はない。

 問題は、パチンコというものがそんじょそこらに一杯あって、誰でも、どんな格好をしていても、たいして金を持っていなくてもできてしまうということが問題なのである。

 ところで『なぜ韓国では、パチンコを全廃できたのか』という本書の問いに対する答えは単純である。「韓国は日本ほど〈民主化〉ができていなくて、パチンコ導入から時間がたっていなかったから」なのである。

 戦後すぐにパチンコがスタートして、それは最初は健全なレジャーとして認められていたという日本であり、その後「高度に」民主化された日本とは背景が違うのだ。というけど、実はパチンコは最初から博打だったと思いますがね。景品買いは前からあったし。おまけに「高度に」民主化したということは、それだけパチンコ業界からの金に群がる官僚・政治家がいたってことですがね。

 それだけ、韓国の方が政治的にピュアだったということなのだろう。民主主義が定着したのも最近だし。

 問題は日本におけるパチンコに関する団体・官僚・政治家なのだろう。

 取り敢えず、警察官僚が天下りする団体としては;

○財団法人保安電子通信技術協会

○日本電子遊技機工業協同組合

○日本遊技機工業組合

○社団法人日本遊技関連事業協会

○全日本遊技事業協同組合連合会

○回転式遊技機商業協同組合

 とあって、下から2番目の連合会というのは当然その下に各都道府県の遊技事業者共同組合があって、各都道府県の警察本部から天下りするわけである。そして、その下のパチンコホールには所轄の警察の生活安全課から天下りして、上の協同組合のお偉方と、まあ、うまくやるわけだな。しかし、規制の多い業種であるからこそのこのタカリの多さよ、というところなんだけれども。

 この程度の業界と官僚の「癒着」というか天下り関係はよくあることだし、自民党遊技業振興銀連盟とか民主党娯楽産業育成研究会なんて、ギャンブル議員もいることだし、もはやこの国はギャンブル大国になってしまっているのだ。さらに、国会では超党派の国際観光産業振興議員連盟という通称カジノ連盟なんてのができて、そこがパチンコの店内換金も認めようという運動を起こしているらしい。

 カジノ連盟の発想としては、日本にカジノ特区を作る代わりに、全国に蔓延している賭博場であるパチンコをやめさせようという風に動いているのかと思ったら、そうじゃなくてパチンコもOK、競馬、競輪、オートレース、ボートレースもOK、でカジノ賭博もOKにしようということだったのね。

 う~ん、それも大胆な。まあ、博打で負けて首くくるも、親を殺そうが、子供を殺そうが、それはすべて自己責任ではあるのだが、それでいいのか? という気分にもなる。

 となると私もすべてのギャンブル全廃論になってしまおうかな。元々博才もなくて、麻雀、競馬、パチンコですべて負けてきた人間としては、博打がなくなっても全然困らないという事情もあるし。

 

 

« 『財布に優しいパチンコ学』なんてある訳ないじゃない | トップページ | スナップショットを考える写真展 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

『チャンネル桜』に若宮健さんが出演されております。youtubeでごらんになれます。ぜひごらんください。『チャンネル桜 youtube』で検索。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/50577911

この記事へのトラックバック一覧です: 『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』:

» 借金まみれ [借金まみれ解決ブログ]
わたしがおすすめするのが、借金まみれになっちゃった人にです。これをおすすめしたいのには理由があります。他のものとは違い、か〜なり興味深い部分があるのです。借金まみれ の問題は一人で悩んでいるだけでは解決しません。 借金まみれ になっちゃったらまずは専門家に無料相談してみてはいかがでしょうか?借り入れの初心者の人や、消費者金融に興味のある人に是非見てもらいたいものが、当サイトです。 借金は生活を豊かにする為には欠かせないものです。 賢く管理して、借金まみれ で困ることのないよう..... [続きを読む]

« 『財布に優しいパチンコ学』なんてある訳ないじゃない | トップページ | スナップショットを考える写真展 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?