フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 映画『ノルウェイの森』でちょっと残念なこと | トップページ | 『遭難フリーター』ですが、まあ、こつはこんなもんかな、ということで »

2010年12月24日 (金)

旧中山道 倉賀野宿を旅する

 パソコンの復帰を待って、数日前に行った中山道・倉賀野宿を紹介する。11月28日の板橋宿から一気に飛んで、群馬県は高崎宿の一つ手前の宿場である。

2010_12_11_096_2 倉賀野宿全景、東京方面を望む。

 なぜ、一気に倉賀野なのかと言えば、途中の中山道の宿場町はあまりにも都会化していて面白くないからである。この辺までくると、いかにも昔の宿場町の雰囲気が出てきて面白くなる。

2010_12_11_0162 倉賀野宿の碑

 倉賀野宿は日光道(例幣使街道)と中山道との別れ道になっていて、その昔「高崎十五宿、倉賀野三十五宿」といって、高崎よりも大きな宿場町だったようだ。確かに、城下町だった高崎と、宿場町だった倉賀野を比較すれば、町としての規模や格は高崎のほうが圧倒的に上だが、こと「宿場町」という比較でいえば倉賀野のほうが上ということなのだろう。宿場の飯盛り女なんかも倉賀野のほうが圧倒的に多かったという。

 勿論、遊郭を含めた遊女の数でいえば高崎のほうがずっと上なのだろうが・・・。

2010_12_11_031_2 例幣使街道との別れ道。左へ行くと日光道(例幣使街道)、右が中山道東京方面である。

 しかし、例幣使たちは高崎に泊まったのだろうか、あるいは倉賀野に泊まったのだろうか。倉賀野と高崎の距離は5kmくらいだから小一時間もあればついてしまう距離だ。としたら例幣使たちは高崎に泊まり、高崎城主の出迎えを受けたのだろう、ということが予想される。この辺は、もうちょっと調べてみる価値はありそうだ。

 で、倉賀野宿の本陣跡を探したのだが、どこにも見当たらず、道を彷徨っていたら突然こんな碑が目に飛び込んできた。

2010_12_11_053_2 倉賀野宿・本陣跡の碑。

 つまり、このスーパーマーケットの駐車場が本陣跡のようなのだ。う~む、残念。

2010_12_11_055_2 で、ここが本陣跡にあるスーパーマーケット。

 と思っていたら、本陣跡より高崎方面へ進むと、脇本陣跡が、こちらはちゃんと建物が残っている。勿論、今は使われていないようだが、しかし、「うだつ」のある立派な建物だ。徳島県美馬市や岐阜県美濃市なんかにある「うだつ」というのは関西文化なのかと思ったら、こんなところで見つけるとは。

2010_12_11_061_2 脇本陣は建物が残っている。

2010_12_11_060_2 「うだつ」のある脇本陣。

 で、道を歩いているともう一軒「うだつ」のある家があった。こちらは宿屋ではないが、なかなか大きな家で、もしかすると昔は宿屋だったのかもしれない。ただし、こちらは現在も人が住んでいるようで、家のメンテナンスもしっかりしているし、なんか生活のにおいもしている。

2010_12_11_024_2 これが、もう一軒の「うだつ」のある家。宿屋の後なのだろか。現在も人が住んでいる。

 いまや、往時の賑わいを全く感じさせない倉賀野の町だが、でもその昔は大いに賑わっていたのだろう。高崎の中心地からの近さもあって、高崎のベッドタウンになっているのかと思い聞いてみたところ、倉賀野は倉賀野で高崎とは異なった文化圏を形作っており、高崎からはかなり独立した街になっているそうだ。

 やはり、昔は高崎よりも宿場町としては大きかったという誇りがあるのかもしれない。

« 映画『ノルウェイの森』でちょっと残念なこと | トップページ | 『遭難フリーター』ですが、まあ、こつはこんなもんかな、ということで »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/50376802

この記事へのトラックバック一覧です: 旧中山道 倉賀野宿を旅する:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/12/24 09:08) [ケノーベル エージェント]
美馬市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 映画『ノルウェイの森』でちょっと残念なこと | トップページ | 『遭難フリーター』ですが、まあ、こつはこんなもんかな、ということで »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?