フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『身体知』ったって、高校野球のことじゃなくて、男と女の話なのね | トップページ | 日露戦争の写真は「死体」写真ばっかりだが、だからこそ考える意味もある »

2010年12月 8日 (水)

『消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし』って、所詮、戦時経済じゃないの?

 高福祉・高負担って、もしかすると戦時経済政策の流れなのかもしれない。

『消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし』(ケンジ・シテファン・スズキ著/角川SSC新書/2010年11月25日刊)

 1979年にデンマーク国籍を獲得してすでに31年、デンマーク在住43年のスズキ氏にとっては、既にデンマークの生活が普通であり、ときたま日本に来るのは「出張」なのだから、そんな立場からみた「デンマークの生活」であるのだろう。

 中世のデンマーク史はドイツのハンザ同盟やら、スウェーデンとの国境争奪戦の歴史であった。一番大きかったのはハンザ同盟との闘争であろう。13~17世紀までバルト海沿岸の貿易を独占していたこのハンザ同盟と(つまり、ドイツとの)闘いの中で、2度にわたるバルト海沿岸での闘いに負け利権を失い、マーガレット1世の時代(14世紀)になって、ノルウェイ、スウェーデンと一緒になって、やっとハンザ同盟を潰し、バルト海における覇権を獲得したのである。

 勿論、ユトレヒト半島の付け根では常にドイツとの国境紛争は起きていたわけで、ここにもヨーロッパ特有の「国境を挟んだ国対国の紛争」が常に起きていたわけだ。まあ、ヨーロッパなんてのは、常にこうした国境緊張関係の中で生きてきた国、というわけ。

 それで、こうしたヨーロッパ諸国の税負担率をみると<1位:デンマーク 71.7%/2位:スウェーデン 64.8%/3位:アイスランド 62.8%/4位:イタリア 62.5%/5位:フランス 61.2%/6位:オーストリア 60.7%/7位:フィンランド 58.8%/8位:ノルウェー 56.4%/9位:チェコ 55.2%/10位:スペイン 53.9%/11位:ドイツ 52.4%/12位:アイルランド 50.9%/13位:オランダ 49.9%/14位:イギリス 48.3%>という具合に、14位になってやっとイギリスが出てくる状態で、基本的にヨーロッパで国境を伴にする国家が税負担率が多いのだ。

 つまり、そこから類推できるのは、こうした国境緊張関係の中にある国は常に「外敵に備えなければいけない財政を国家として行なわなければいけない」ということなのだ。勿論、外敵に備えた軍備ということも必要だろうし、経済的に優位に立って交渉をする必要もあろう。ということで、ヨーロッパの国々は「どんなことがあっても国家に財産を集めなければいけない」という状況に置かれているのだ。で、税負担が大きいのがヨーロッパ。

 アメリカが34.9%しかないというのは、それだけ国境を挟んだ対立関係がなかったということなのだろう。アメリカの場合、メキシコとカナダだけだもんね。おまけ南北戦争とか米墨戦争以外には、永らく戦争の影はなく、9.11だけがアメリカ本土における「戦闘」ということなのだ。

 ちなみに、日本は39.5%ということで、アメリカとたいした違いはない。これは2007年度の調査なのだそうなので、いまでも殆ど変わらないだろう。やはり、日本も国境を接していないということは間違いない。まあ、その辺が、国境関係で問題になるとあまり言えない政治家ばっかりになってしまう、というこの国の問題なのでしょうけれども。

 それはさておき、問題は、そうして「国家に集めた金をどう使うか」ということなのである。デンマークはそれを福祉に使ったということであろう。例えば、イタリアだったら借金の返済にあててしまっただろうし、その辺はチェコとかスペインも同じかな。いずれにせよ、別にデンマークだけが「高福祉・高負担」ではないし、デンマークが「平和国家」であるわけではないし、スウェーデンやノルウェイなんかも同じように「高福祉・高負担」だ。

 でも言っておきますけれども、「高福祉・高負担」国家が「平和国家」だとは思ってはいけないのである。要は、「高負担」を国民皆が認めているのだから、その国民が認めた政権が「これから戦争をやろう」と言ってしまえば、ドイツに戦争を仕掛けることはできるのだ。何せ、「軍隊」を持っている国だからね。つまり、集めてしまった税金をどのように使うかというのは、為政者が決めることなのだ。

 その辺が「怖いねぇ」という感覚を持つ持つ必要があるんじゃないか?

 

 

 

« 『身体知』ったって、高校野球のことじゃなくて、男と女の話なのね | トップページ | 日露戦争の写真は「死体」写真ばっかりだが、だからこそ考える意味もある »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/50234759

この記事へのトラックバック一覧です: 『消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし』って、所詮、戦時経済じゃないの?:

« 『身体知』ったって、高校野球のことじゃなくて、男と女の話なのね | トップページ | 日露戦争の写真は「死体」写真ばっかりだが、だからこそ考える意味もある »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?