フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『池袋チャイナタウン』を読む | トップページ | nude »

2010年11月 3日 (水)

『ウェブで儲ける人と損する人の法則』と言ったって、初めからウェブで稼ごうと思わなかった人もいるんですけど

『ウェブで儲ける人と損する人の法則』ったって、それは要は早いところでWebの世界に入った著者が勝ちってことでしかない。まあ、Webを使った商売の世界でね。でも、いまやWebは商売じゃないところまで行っているのだ。それが中川氏には分かっていないようだ。

『ウェブで儲ける人と損する人の法則』(中川淳一郎著/ベスト新書/2010年11月7日刊)

 それはないんじゃない、とも思うけれどまあその世界がお金を稼げる世界かどうかはわからない状況の中でその世界に飛び込んだ人は、上手くいけばその世界で金を稼げる人になるんだってことですね。先人のそんな様子を見て後からその世界に入ったって、そんなに金を稼げるってものじゃないということを書きたかったのか、というのが本書である。

 だって、本書で言う中川流ネットであてる方法は;

①話題にしたい部分があるもの、突っ込みどころがあるもの

②身近であるもの、B級感があるもの

③非常に意見が鋭いもの

④テレビで一度紹介されているもの、テレビで人気があるもの、ヤフー・トピックスが選ぶもの

⑤モラルを問うもの

⑥芸能人関係のもの

⑦エロ

⑧美人

⑨時事性があるもの

⑩他人の不幸

⑪自分の人生と関係した政策・法改正など

が、クリックされやすい情報だとして、結局は高いPVを取れるトピックのネタは;

「テレビ番組に関するもの」「情勢芸能人がブログですっぴんや胸の谷間を披露」「韓国・中国VS日本を煽るもの」「タバコの増税など論争を呼ぶもの」「芸能人の結婚・離婚などステータスの変更」「芸能人・スポーツ選手によるスキャンダル・逮捕」「ダイエット」「モテる人、モテない人の特徴」「恋愛関係の話」「芸能人による病気の告白」「職場の飲み会の是非などライフスタイルに関するもの」「コンビニ商品」「安い店の紹介」「高過ぎるものの紹介」「美人・巨乳」「年収に関する話題」「地方VS都会と煽るもの」

 ということである。つまり、これはすべて民放テレビネタでしょ。要は、民放テレビから受けた無料の情報を元にしてそれを拡大していくネット世論を、著者は了承しているのだ。

 勿論、そんなことが分かっていない企業の広報担当者や、企業そのものに対して話をしているのはわかるのだが、しかし、そんなことを話していながら実は中川氏自身が、自身批判している筈の「イタいネット病患者」になっているのではないか。

 中川氏は書く『そこには「テレビ離れ」「クルマ離れ」「読書離れ」「酒離れ」「新聞離れ」「タバコ離れ」「旅行離れ」「活字離れ」「プロ野球離れ」「雑誌離れ」「CD離れ」「映画離れ」「ゲーセン離れ」「スポーツ離れ」「パチンコ離れ」などはまあ、理解できる』という部分においても、若者の要は「消費離れ」なのであろう。その辺をどうすればよいのかという提言は、当然のことながらない。何故ないのか。要は中川氏の発想はすべての現状肯定しかないからだ。そこが中川氏の発想の貧困さにつながっている。

 中川氏は前著『ウェブはバカと暇人のもの』で書いた状況に自ら入ってしまったんだろうか。どうもこの本からはそんな感じがするのだ。つまり腰巻に書いてある通り『クリックされない「ウェブバカ」からお金を稼げる「賢者」になれ!』という通り、まさにウェブで金を稼がない奴はバカだという発想である。まあ、「ウェブで金を稼いでいる人」が言うことだからそれはそうなんだけど、別にそうじゃない人もいっぱいいるということなのだ。

 別にブログを書いている連中が皆そのブログで金を稼ごうとは考えていないというよりは、そんな金を稼ぐことが目的じゃないブログの方が断然多いのだということに、中川氏は気付かないのだろうか。単なる自己表現衝動だってあるのだ。要は、自費出版だってそのほとんどは自らの思いを本にしたいというだけのことであり、それで稼ごうなんて考えている人はいないということと同じなのだ。

 つまり、自費出版とかブログなんてのは「自己満足」のためのメディアなのである。勿論、メディアである以上、それでお金を稼ぐ方法もあるだろうが、そうじゃない人の方が圧倒的に多い。そんな弱小メディアに対しての目配りも中川氏に求めることは無理なのだろうか。どうせ中川氏自身も「バカで暇人」なんでしょ。

 弱小メディアの代表者としては、そこが問いたい。

« 『池袋チャイナタウン』を読む | トップページ | nude »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/49904523

この記事へのトラックバック一覧です: 『ウェブで儲ける人と損する人の法則』と言ったって、初めからウェブで稼ごうと思わなかった人もいるんですけど:

« 『池袋チャイナタウン』を読む | トップページ | nude »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?