フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 少女はどのようにして大人の女になるのか | トップページ | 『僕の虹、君の星』という名の「性」の匂いのしない写真 »

2010年11月21日 (日)

原宿 渋谷 街角のオブジェ

 知り合いの絵画展を観に原宿までいった。

 auのレディ・ガガの写真を見ながら、こういう飾り方をするとなんかオブジェっぽく見えるな。

2010_11_20_007_2

 と思っていたら、まさにオブジェであるところの建物があった。ギャラリーや飲食店が入っている古いアパートのようなのだが、完全にオブジェとして再生している。

2010_11_20_014_2

 で、その後渋谷へ行って街を歩いていると、街角にこんなものがおいてある。

2010_11_20_030_2

 別にオブジェとして置いてあるわけでもないだろうけれども、なんかこう言う置き方をするとオブジェっぽく見える。ビルの一角にこんな「窪み」のようなものがあるのが、またわざとらしく、横に置いてあるジュースの空き箱やら、写っていないけれどもペンキ缶とかグミの空き袋なんかが置いてあって、どう考えてもこりゃオブジェだろう、と思えるのだが・・・どうなんだろう。

2010_11_20_034_2

2010_11_20_041_2 ま、これらはオブジェじゃないですけれども、モノの写真ばっかりだったので、ちょっと人の雰囲気があるものをと思って・・・。私自身はどちらかというと「人間」派の写真家(でもないけどね)なのです。勿論、まだどこにも写真を発表していない「素人写真家」=<単なるカメラ好きのオヤジ>でしかないのかも知れないが、まあでも基本的には「人が写っていないと面白くない」タイプの写真を撮っている。

 まあこんなもんでしょう、という木村伊兵衛氏の言葉が聞こえてきそうだな。

EPSON RD1s+Summicron 35mm (c)tsunoken

« 少女はどのようにして大人の女になるのか | トップページ | 『僕の虹、君の星』という名の「性」の匂いのしない写真 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/50081895

この記事へのトラックバック一覧です: 原宿 渋谷 街角のオブジェ:

« 少女はどのようにして大人の女になるのか | トップページ | 『僕の虹、君の星』という名の「性」の匂いのしない写真 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?