フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 一年間のご愛読に感謝、今後もよろしく | トップページ | ラクロス大学選手権を見に行く »

2010年11月28日 (日)

旧中山道 板橋宿 を旅する

 何て言葉も乾かないうちから、手抜き写真ブログでごめんなさい。明日は、ちょっと軽い本の紹介をしますので。

 で、今日行ったのは旧中山道板橋宿である。

 旧江戸五街道の中で、今こうした旧道が残っているのは四街道、東海道の品川宿が京浜急行の北品川駅から大森海岸駅辺りまでの旧東海道まで残っていて、品川宿の雰囲気はないが史跡何かが残っているし、日光街道・奥州街道の北千住宿は隅田川から荒川放水路までの旧道が残っていて、名倉医院なんてのまでが現存するのだし、ここ中山道も本郷追分から本蓮沼あたりまで、旧道が残っている。ただ、残念なのは甲州街道だけは今の新宿通りがどうも旧街道なのだそうで、ということは旧街道は今はないということなのだ。う~ん、残念だなあ。

2010_11_27_099_2 ということで、旧道の旅、出発である。

2010_11_27_009_2 入り口は巣鴨地蔵通り商店街から。本当はここの奥にある「とげぬき地蔵」ではなく、江戸六地蔵のある手前のお寺が本来なのだけれども、そんなこと誰が知っているのかな。

2010_11_27_004_2 こっちが、本当のお地蔵さん。ま、別に「とげぬき地蔵」は偽物だとは言いませんが。

2010_11_27_024_2 で、こちらが「とげぬき地蔵」の高岩寺。

2010_11_27_030_2 おばあちゃんの原宿だけあって、こんな店が多いのだが。入っているのはおばあちゃんだけではないですね。

 で、ここまでは板橋宿ではない。埼京線の板橋駅辺りから旧板橋宿は始まる。つまり、板橋宿は平尾宿、仲宿、上宿の三つの宿場からなっていて、この平尾宿が一番江戸から近い宿場ということになる。

2010_11_27_052_2 ということで、平尾宿の紹介。

2010_11_27_059_2 ここからが仲宿。描かれている絵は板橋警察で、左の道が川越街道、右の道が中山道だそうである。

2010_11_27_065_2 板橋宿の案内。

 しかし、この先の方に「板橋区加賀」という地名があり、つまり加賀藩の下屋敷と田んぼ・畑があったそうだ。そういえば、本郷追分のある本郷近辺というか今の東大本郷キャンパスは元々加賀藩邸だったわけで、やはり中山道を参勤交代の道として使っていた加賀前田家は、やはり中山道近辺が親しみやすかったのかな。

2010_11_27_076_2 別にどうということもない写真。石碑の前にいるクソ生意気な猫が面白くて撮っただけの写真です。

2010_11_27_081_2 もう皆さん良く知っている「板橋」の名前の理由になった、石神井川の橋。勿論、今は石の橋ですが、なんか無理して木造風に作っているのがおかしい。

2010_11_27_109_2 で、板橋区清水町で旧中山道は終わり。もしかすると、この曲がり方からすると、首都高速の行く方向に旧中山道も行くのかしら、と思わせるのだが、そうじなると戸田橋方向から全く異なった方向に行ってしまう。まあ、やっぱりここからは国道17号線方向に合流するんだろうな。

EPSON RD1s+Summicron 35mm (c)tsunoken

 ということで、旧中山道の旅は、今回は終わる。

 次回は群馬県の倉賀野宿あたりを取材しようと思っている。これがなかなかいいんですよ。昔の「うだつ」なんてのもあったりしてね。

« 一年間のご愛読に感謝、今後もよろしく | トップページ | ラクロス大学選手権を見に行く »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/50147125

この記事へのトラックバック一覧です: 旧中山道 板橋宿 を旅する:

« 一年間のご愛読に感謝、今後もよろしく | トップページ | ラクロス大学選手権を見に行く »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?