フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 北千住宿異聞 | トップページ | 性交と恋愛にまつわるいくつかの物語 »

2010年11月15日 (月)

横浜チャイナタウンを見に行く

 APECのさなか横浜まで行ってきた。といってもAPECの会場のみなとみらい21と元町中華街とは全然別のところだし、関係ないと思っているのは私だけ? しっかり、元町の方まで警備の警官やらなんやらがいっぱい立っていた。

 とは言うものの、さすがに元町チャンナタウンである、APECなんて知らないよという態度で、お客さんを受け入れているし、お客さんもそんなことまるで気にしていない人ばっかり。ということで、いつもの横浜中華街風景なのでありました。つまり、池袋チャイナタウンという中国人向けの中国人の街ではなくて、日本人向けの中国街ということで、大盛況。

2010_11_14_001_2 中華街のひとつの入り口

2010_11_14_017_2

2010_11_14_021_2

2010_11_14_025_2 関帝廟はやはりそこをお参りする人でいっぱいである。

EPSON RD1s+Elmarit 28mm (c)tsunoken

 しかし日本人が何で関帝なの? 「三国志」を読んでいる日本人は多いとは思うが、この中華街に来ている人の中で何人位いるだろうか、と考えたら5%位はいるのかなという程度だろうか。おまけにその関羽が神様になってまつられたのが関帝廟だということまで知っている人は何人いるのだろうか。まあ、日本人てのは、何でもいいんだな、お参りする対象があれば仏教だろうが、キリスト教だろうが、イスラム教だろうが何でもいいんだ。しかし、お参りする人の何人が「道教」を知っているのだろうか? それが不思議だ。

 しかし、アメリカのオバマ大統領もAPEC後に鎌倉なんか行かなくっても、すぐそばの横浜スタジアムで日本のカレッジフットボールをやっていたのにね

 何てね。

« 北千住宿異聞 | トップページ | 性交と恋愛にまつわるいくつかの物語 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/50031236

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜チャイナタウンを見に行く:

« 北千住宿異聞 | トップページ | 性交と恋愛にまつわるいくつかの物語 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?