フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『ウェブで儲ける人と損する人の法則』と言ったって、初めからウェブで稼ごうと思わなかった人もいるんですけど | トップページ | 121人の三島由紀夫論なのだが »

2010年11月 4日 (木)

nude

 角川シネマ新宿やシネマート新宿があるビルは元々はアートシアターの新宿文化や蠍座があった場所にある。ビルの名前だけは「新宿文化ビル」というものが残っている。そんな場所で見たのが『nude』であった。

『nude』(小沼雄一:監督・脚本/石川美香穂:脚本/製作:スモーク・ダブ/原作:みひろ/配給:アルシネテラン・ハピネット)

5480_img_1_2

 衣装、持ち道具、装飾のすべてにおいて赤とピンクを一切排除し、ロケの際にも喫茶店の窓に映り込む赤いビルのノボリさえ撤去させ、男目線による扇情的なAVシーンを避け、女性の内省的な視線で描く映画にしようという小沼監督の意図は成功しているだろう。『nude』というタイトルから多少は扇情的なAv映像を期待していた男性観客の興味は見事に裏切られるのだ。

 そして、主人公みひろ・山瀬ひろみ(渡辺奈緒子)よりは、むしろ幼なじみの河合さやか(佐津川愛美)の視線が強化されて、さやかのみひろに対する抵抗や感情がみひろの考え方のベースになっている。みひろがそこまでしてAV出演にこだわる裏側にはさやかの抵抗があるみたいで、むしろ恋人のたかしの存在は小さく、まるでいてもいなくてもいいような立場でしかない。そこで、最後にみひろはたかしを捨てるのだ。そしてたかしを捨てることによって、更なる高みを目指すみひろ、という構造になっている。

 監督の小沼雄一は男だが、むしろ女性映画と言ってもよいような『nude』ではある。

 しかし、渡辺奈緒子よりは佐津川愛美の方がみひろ役にあっているような気がするのは、私だけだろうか。もっとも、美しいというよりは可愛い感じの佐津川のみひろ役だと、もっと扇情的な映画になってしまったかもしれないが・・・。

11/5までシネマート新宿にて公開中/11/6よりシネマート六本木で公開

http://www.alcine-terran.com/nude/

« 『ウェブで儲ける人と損する人の法則』と言ったって、初めからウェブで稼ごうと思わなかった人もいるんですけど | トップページ | 121人の三島由紀夫論なのだが »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/49917842

この記事へのトラックバック一覧です: nude:

« 『ウェブで儲ける人と損する人の法則』と言ったって、初めからウェブで稼ごうと思わなかった人もいるんですけど | トップページ | 121人の三島由紀夫論なのだが »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?