フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『ゴールドマン・サックス研究』というよりも、日本の今後の方が大事なのだな | トップページ | 『全学連と全共闘』ったって、一緒にはできないのである »

2010年10月25日 (月)

新城幸也優勝ならず! 残念 ジャパン・カップ・サイクルロードレース

 10月24日は宇都宮でジャパンカップ・サイクルロードレースである。今年は、世界選手権で9位、パリ―ツールで5位に入賞したブイグテレコムの新城幸也選手がチームのエースとして参加するということなので、もしかしたら優勝? という期待もあり是非とも見なければということで日帰りで宇都宮まで行ってきた。昨年のように2泊して自転車で、と言うわけには今年はいかず、日帰りバス・ツアーでの観戦だ。

 レースは最初に9人の逃げ集団が形成され、この9人は取り敢えず山岳ポイント狙いということでプロトンはこの逃げを容認。しかし、逃げ集団とプロトンとの差はあまりつかず、最大で1分半程度。

2010_10_24_053 最初の9人の逃げ集団、一番左がジャパン・ナショナルチームに参加の大学チャンピオン、西薗良太(東大生!)。

2010_10_24_080 プロトンの中の新城幸也。画面左から2番目にいる。

 6周を過ぎたところで逃げ集団はプロトンに吸収されるが、プロトンから飛び出す選手はいない。そのまましばらく行くかと思われた7週目、突然ガーミン・トランジションのダニエル・マーティンが飛び出し、ぐんぐん引き離す。

2010_10_24_107 9人の逃げ集団を吸収したプロトンから飛び出したダニエル・マーティンの異様に早い仕掛け。

 マーティンを追う選手も6人ほどプロトンから先行するが、しかしこの6人が6人とも各チームでエースなので、お互い牽制しあってマーティンを追う者がいない。

2010_10_24_110 ダニエル・マーティンを追う6人位の集団。この中から優勝が出ると思っていたのだが・・・。

 にらみ合いをしている間にマーティンは逃げる逃げる。最終週になって追い上げを始め、ゴールでのスプリント合戦を期待させるのだが、結局、1分ちょっとの差をつけたままマーティンが優勝!

2010_10_24_117 結局、マーティンがそのまま逃げて優勝!

2010_10_24_131 残念! 新城。

2010_10_24_132

2010_10_24_140 よく頑張った、西薗。

 2位はオーストラリアのプロ・コンチネンタル・チーム、ドラパック・ポルシェのピーター・マウドナルド、3位は日本のコンチネンタル・チーム、シマノ・レーシングの畑中勇介.新城は9位でした。

 で、最後はおまけ。

2010_10_24_148

 ジャパンカップのお約束。チーム・ウェアの安売りをするミルラムのポール・ヴォス。つまり、ジャパンカップはヨーロッパのチームにとっては今年最後のレースなので、もうチーム・ウェアはいらないのだ。で、ファンに安売りをする人が毎年必ずいるのだ。

Nikon D100+AFS NIKKOR 18-105 (c)tsuoken

« 『ゴールドマン・サックス研究』というよりも、日本の今後の方が大事なのだな | トップページ | 『全学連と全共闘』ったって、一緒にはできないのである »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/49822369

この記事へのトラックバック一覧です: 新城幸也優勝ならず! 残念 ジャパン・カップ・サイクルロードレース:

« 『ゴールドマン・サックス研究』というよりも、日本の今後の方が大事なのだな | トップページ | 『全学連と全共闘』ったって、一緒にはできないのである »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?