フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« JPSフォトフォーラムに行ってきた | トップページ | 軍隊にあこがれる気分 »

2010年10月 4日 (月)

キャンプ・ドレイク

 キャンプ・ドレイクと言っても、もう朝霞市民がやっと名前を聞いたことがある、と言う程度の認識だろう。この写真がその跡地である。

2010_10_03_009_2

2010_10_03_012_2

この二枚がキャンプ・ドレイクの跡、いかにもらしいところです。おばけでも出てきそう。

2010_10_03_010_2

朝霞市膝折というアドレス。「膝折」という名前の理由はいろいろあるのだがそれは別の機会に。

2010_10_03_006_2

で、ここが朝霞市陸上競技場。なかなか立派な競技場です。

EPSON RD1s+Summicron 35mm (c)tunoken

 朝霞市、新座市、志木市、練馬区などの広大な敷地を使用したキャンプ・ドレイクは朝鮮戦争の時の米陸軍の中心基地だった。元々は陸軍被服廠だったり、風船爆弾(といっても分からない人が多いだろうから説明すると、日本は太平洋戦争末期に日本から偏西風にのせて風船を上げてそれがアメリカの上空で下降して爆弾になるという攻撃方法を真面目に考えていたのだ)の製造工場だったり、要は軍需工場の集まりだった場所である。そこが、朝鮮戦争の主要軍事基地になり、今は陸上自衛隊の朝霞駐屯地になっている場所を中心に米陸軍の基地があったのである。住所は「朝霞市膝折」この「膝折」という地域名にもいろいろ理由があるらしいのだが、それは別の機会に。

 私は小さいころ池袋のそばの川越街道(国道245号線)のすぐ脇に住んでいたことがあり、毎晩夜中になると壊れた戦車を2~3台積んだトラック(! そんなものがあったんだ)の隊列が走っていたの思いだす。要は、その重さに耐えられなくなって家がガタガタ揺れ出すのだ。まさに朝鮮戦争で壊れた戦車を運んでいたのだろうな。それも、夜中になって運んでいたということに、米軍の日本人民に対する一種の気の使いようがあったのかもしれない。なにしろ、既に日本は米軍占領下には既になく独立していたのだから、それなりの気の使い方があったのだろう。でも、沖縄のように米軍占領下にあったのだったら、そんな気も使わず、平気で真昼間っからそうした戦車の移動なんてのもやってたのかもしれない。まあ、いずれにせよ戦争の影というのはいろいろなところで見つけられるものだということである。その辺はベトナム戦争時の沖縄に対する扱いとは、だいぶ違うんのだろう。

 その朝霞駐屯地のすぐそばの今は光が丘団地になっている場所は、その昔、成増飛行場という陸軍の施設であり、戦後はグラントハイツというやはり米軍の施設になったりしていた。つまり、練馬区を中心に、朝霞市、新座市、志木市というのは、要は首都(昔式にいうと「帝都」)を守る最前線。ここを破られてしまうともうダメという場所なのだった。そこで、どうしても練馬区周辺の地域が帝都の北の守備場所ということで基地が集中するのだ。まあ、いまだに練馬駐屯地には昔の「近衛部隊」みたいなのがいて、それは天皇の近習なのでしょうけれども。

 まあ、北が練馬なら南が厚木あたりでしょうか。あの辺も昔日本陸軍基地、その後米軍基地、今自衛隊駐屯地という場所が多い。それは今後また行くことにして・・・。

 でも、面白いのはいまだに「キャンプ・ドレイク跡地」というのが朝霞市の地図にも載っているし、当然、カーナビでもそのままの名前で掲載されている。実際には、例えばキャンプ・ドレイクの南側の一部は朝霞市市民陸上競技場とか市民球場、体育館などになっていて、それはそれで立派な競技場が出来ている朝霞市民公園になっている。しかし、いまだに利用方法が決まっていない場所があり、そこがいまや鬱蒼たる原野みたいになっているのである。でも、そこは国有地だから誰も入っちゃいけない場所。

 こうした、旧アメリカ政権下の日本をおもわせる場所って、日本にはあまりないんじゃないか。日本が他国に占領されていた時期があった事なんか知らない人が多い日本人。それはまずいと思うのですよね。やはり戦争に負けてその結果外国に占領されていたころの日本があって、今があるということを知ってほしいということで、逆に「キャンプ・ドレイク跡地」という名前を残していて欲しいと思う私がいるのだった。

 

« JPSフォトフォーラムに行ってきた | トップページ | 軍隊にあこがれる気分 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/49639061

この記事へのトラックバック一覧です: キャンプ・ドレイク:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/10/04 09:54) [ケノーベル エージェント]
練馬区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« JPSフォトフォーラムに行ってきた | トップページ | 軍隊にあこがれる気分 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?