フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 荒井晴彦氏vs絲山秋子氏裁判その後 | トップページ | いまさら『ガラパゴス化のススメ』でもないんだが、それでも遅くはないか »

2010年9月27日 (月)

東京カメラ散歩 銀座編

2010_09_25_008_2_2

2010_09_25_031_2_2

2010_09_25_032_2_2

EPSON RD1s+Summicron 35mm (c)tsunoken

 先週土曜日は「がらくた市」を開催というので四谷荒木町にあるアローカメラまで行ってきた。お目当てはセコニック・スタジオデラックスの専用皮ケースである。セコニック・スタジオデラックスというのはいまだに生産が続けられているアナログ単体露出計で、スチールの世界ではストロボ・メーターのようなものの方が便利なのであまり使われなくなってきているが、映画の世界では照明の場所ごとのステップを計るために、いまでもプロが使っている機材なのである。私も、露出計のついていないカメラで撮影する場合はセコニック・スタジオデラックスのお世話になっている。「露出計のついていないカメラ=クラシック・カメラ」ということなので、そこはやはりアナログ露出計の出番でしょう、ということである。それの専用皮ケースというのがこれまたレトロな感じのケースでいいのだが、セコニックでは既に生産中止となって久しい。前からそれを探しているのだが、何処にもなくて途方にくれているというところなのだ。でアローカメラは普段からそんな何処に行ってもないようなものがあり、以前、ここで単体のセルフシャッターなんてものを見つけたこともあり、だったらそこのがらくた市にあればめっけものということで出かけたのだが・・・。

 しかし、さすがのアローカメラにもなくて、それではということで銀座のカメラ店巡りをすることになった。ただし、そこに行っても見つからない可能性の方が高いのだが、レモン社、清水商会、スキヤカメラ、三共カメラ三原橋店、三共カメラ本店、ミヤマ商会、カツミ堂と歩いても、案の定どこにもない。まあ、一番期待していたアローカメラになかったのだから、しょうがないが。

 それでふたたび途方に暮れてライカ銀座サロンで荒木経惟写真展「愛ノ時間」を見に行く。ザ・プリンツの久保元幸氏の手になるゼラチン・シルバープリントは実に美しく、荒木の写真も2割くらいは綺麗だ。まあ、写真も荒木の写真の割にはお上品な写真が多かったけどね。

 でも、取り敢えずはセコニックさんに「スタジオデラックスの皮ケースを再生産して」というお願いだけをしておきたい。少なくとも露出計は製造しているのだから。今のビニールケースのようなものではどうにも価値観が出ないのだ。

« 荒井晴彦氏vs絲山秋子氏裁判その後 | トップページ | いまさら『ガラパゴス化のススメ』でもないんだが、それでも遅くはないか »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/49558514

この記事へのトラックバック一覧です: 東京カメラ散歩 銀座編:

« 荒井晴彦氏vs絲山秋子氏裁判その後 | トップページ | いまさら『ガラパゴス化のススメ』でもないんだが、それでも遅くはないか »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?