フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 10000ページビューありがとうございます | トップページ | 「ガラパゴスでいいじゃない」というのはその通りだが、それって勝ち逃げってことじゃないの »

2010年8月26日 (木)

「森でクソをする方法」なんて本が生まれるくらい文明化してしまったアメリカ

 原題は"HOW TO SHIT IN THE WOODS"つまり「森でクソをする方法」だ。"SHIT"というとやはり「クソ」という方が「ウンコ」という可愛い表現よりは合っているような気がするのだが、どうだろうか? 昔「M★A★S★H(マッシュ)」のロバート・アルトマンが作った映画で「BIRD SHIT(バード・シット/つまり「鳥のクソ」ですな)」というブラック・コメディ映画があって、どうもSHITというとそのイメージがあり、やはり「クソ」という言い方のほうがしっくりする。

『山でウンコをする方法』(キャサリン・メイヤー著/近藤純夫訳/日本テレビ放送網/1995年10月10日刊)

 あるネットでこの本があるのを発見して、面白そうなので入手しようとしたのだが新刊の書店にはないし、古書店を色々回ったり、山関係の本ばかり置いてある書店に行ってもなかったので、やむなくいつもの最後の手段でAmazonのマーケットプレイスで入手。

 内容はいたって真面目で、アメリカの山岳地帯の川からジアルディア・ランブリアという寄生虫が数多く見られるようになり、そのためにアメリカでは山でした糞はすべて持ち帰らなければいけないという規則ができたことから、そんな状況下で山で糞をするにはどうしたらよいか、ということが書かれている本なのである。糞を出す場所の問題、糞を持ち帰るための容器の問題、どこでその糞を放棄するかという問題等々に真面目に答えている。ジアルディアは欧米、アジアなどかなり広い地域で見られるようなのだが、訳者の近藤氏によれば、ジアルディアは日本では発見された例はないということなのだ。しかし、日本だってキタキツネのエキノコックスという寄生虫の問題もあり、まあ、似たような事情はあるのだろう。

 とは言うものの、勿論、クソにまつわる面白い話が載っていなければこの本の価値はない。特に興味をひかれるのは「この章は女性だけがお読みください」と書かれた、これは特に女性の「おしっこの仕方」について書かれた章だ。現代アメリカ人であるキャサリン・メイヤー氏にとっては、日本のいわゆる「ウンチング・スタイル」、山屋が言うところの「キジ撃ち」とか「花摘み」というようなしゃがんだスタイルをとるのはかなり無理なようで、いわゆる洋式便器に座る方法しか出来ないようだ。また、昔あった女性用の「立ち小便器」のようなものもあったことは知っているし、彼女のおばあさんがそれを使った形でおしっこをしているのは知っているが、自分ではそのような方法はとれないようだ。これでは残念ながらまさにスニーカーは黄色くなってしまうだろうし、ブーツも濡れてしまう。まあ、文明化による人間の退化だな、これは。

 また、トイレット・ペーパーがないときのそれに代わる方法にも、残念ながら文明化による退化が見られる。つまり、ペーパーの代わりに木の葉をつかうというやり方なのだが、結局はそれは紙になる前の植物繊維を使うだけで、ペーパーを使うのと換わりはない。そんなものはもっと良い方法があるのだ。つまり、アジアでは今でも使われている方法で、つまり水でお尻を洗うという方法だ。天然ウォシュレットである。勿論、それについても若干は触れているのだが、しかしその際に「バケツ2杯の水が必要」だなんで、何てもったいないことをするのだ。そんなのコップ1杯で済んでしまうのに。ただし、そのためには左手だけでお尻を洗って、食事は右手だけで食べるということが必要なのだが。

 と、まあ文明化することによって、人間が如何に自然の中で生活することに無理が生じているかという例証が、実はこの本のキモなのである。「ウィルダネス(Wilderness)」というのは、アメリカ先住民の観念にはなくて、白人がアメリカを侵略してから生まれた概念であるという、先住民の言葉は重要だ。アメリカ先住民にとっては「ウィルダネス」なんてものは「当たり前」の世界観であり、そんなものは意識しないで生きてきた。それが白人たちが入植することによって「野生」という概念が生まれたのである。そして、その白人たちがアメリカの「野生」を壊してしまった結果としての「クソ禁止令」なのである。

 まさに「クソ」ですね。

 

« 10000ページビューありがとうございます | トップページ | 「ガラパゴスでいいじゃない」というのはその通りだが、それって勝ち逃げってことじゃないの »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/49228361

この記事へのトラックバック一覧です: 「森でクソをする方法」なんて本が生まれるくらい文明化してしまったアメリカ:

« 10000ページビューありがとうございます | トップページ | 「ガラパゴスでいいじゃない」というのはその通りだが、それって勝ち逃げってことじゃないの »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?