フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 「時代小説」どころか、もはや「小説の終焉」ですよ | トップページ | もはやアップルとグーグル以外はみんな「負け組」ってか? »

2010年7月29日 (木)

やっぱりイルカは獲っちゃいけないんですか? 食べちゃいけないんですか?

 ということで、フォトジャーナリスト広河隆一氏が編集・発行人になっている『DAYS JAPAN』が"THE COVE"についての特集を行なっている。

DAYS JAPAN
デイズジャパン

 つまり「イルカを獲ってなぜ悪いのか」というものである。

 さすがにチェルノブイリの原発事故を冷静に取材した広河氏のスタンスである。この、イルカ問題というよりは"THE COVE"問題についても冷静に対処している。なにしろ、表紙に使っている写真はアメリカ海軍がイルカに機雷処理をさせようとしてイルカの右ヒレにビデオカメラを装着している写真なのだ。つまり、イルカ問題は単に和歌山県太地の問題ではなくて、アメリカ(結局はそうか)の軍事問題なのだ、ということ。

 確かに、イルカ(鯨)漁の問題はそれだけ奥深い。太地のイルカ漁だけを捉えた"THE COVE"はそれだけの映像でしかないが、その裏側というか、奥側では、アメリカ軍のイルカを使った軍事作業に太地で獲ったイルカを使っているとかということは、今回、『DAYS JAPAN』で初めて知ったことである。"TEH COVE"ではまったく触れなかった問題である。

 結局、このイルカ問題は農水省とIWCA(国際捕鯨委員会)の問題であることが分かる。

 ひとつは、農水省の省益問題である。取り敢えず、獲得した省益は離さないという農水省の鯨権益があって、それが農水省の外郭団体における各種権益・各種献金の材料になっていることだ。更には、その各種献金が元になってIWCAの参加各国のうちのマイナー国(失礼)に対する政治献金となって、現在のいわゆる「調査捕鯨」が続けられているという現実。

 調査捕鯨をやめて、沿岸捕鯨だけにして、そのかわり沿岸捕鯨に関しては厳しい(今でも厳しい)規制を作って年間捕鯨数を決めればいいのだ、という論理はよくわかる。要は調査捕鯨というのは、大手捕鯨会社だけが生きる為のものでしかなく、太地のような沿岸捕鯨業者の問題ではない、ということなのだ。

 そうすれば「地域文化としての捕鯨」という問題も多少は理解がされるかもしれない。なにしろ、400年位の歴史がある太地の捕鯨(C.W.ニコル氏の『勇魚』にもあるとおり)も、それはそれで認められるかもしれない。

 問題は「農水省」か、となると問題は割かし単純化するだろう、という私の考え方もちょっと問題かな、という気もしないではないが、それはそれでいいのだ。要は、「問題は官僚である」と言ってしまえばいいのじゃないか。

 といことで「官僚国家日本打倒!」と言えばいいのだ。

 だったら、単純でしょう?

 で、この雑誌に賛同した人たちにお願い。

 いまやこうした雑誌形式のフォトジャーナリズムは瀕死状態である。一方、ネットも含めてメディアの数はメチャクチャに増えている状態である。問題は、紙媒体(新聞・雑誌)のフォトグラファーに対する支払いに比較して、ネットメディアの支払いが低すぎるといことなのだ。しかし、ネットメディアの収益状況からすればそれもやむを得ないことなのかもしれない。いずれ、それは改善されることなのだろけれども、それまでの間、紙媒体で仕事をしてきたフォトグラファーに「愛の手を」と言うことではないが、取り敢えず、『DAYS JAPAN』の定期購読をお薦めする。それが多少は紙媒体で生きているフォトグラファーたちの生きる糧になれば、というだけのことではあるけれども。

"DAYS JAPAN"が講談社から名前を引き継いで見事にフォトジャーナリズム誌として再生した状況を見てきた私からすると、あと少しはこうしたジャーナリズムが生きていて欲しいと思うのだ。

 

« 「時代小説」どころか、もはや「小説の終焉」ですよ | トップページ | もはやアップルとグーグル以外はみんな「負け組」ってか? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/49000938

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりイルカは獲っちゃいけないんですか? 食べちゃいけないんですか?:

« 「時代小説」どころか、もはや「小説の終焉」ですよ | トップページ | もはやアップルとグーグル以外はみんな「負け組」ってか? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?