フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 鯨肉はそんなにおいしくないんだけども、だからといって食べてはいけないなんてことはない | トップページ | 「時代小説」どころか、もはや「小説の終焉」ですよ »

2010年7月27日 (火)

『en-taxi』はさすがに面白い。いまや文芸誌の最高位置にいるのではないか。といっても「文芸誌」の・・・ですけど。

『en-taxi』(第30号/7月25日刊)が面白いことになっている。

 本来は<保守派>に属している筈の福田和也氏が責任編集の当雑誌だが、<自称トロツキスト>の写真家・田中長徳氏が連載している雑誌である(ここで<トロツキスト>というのは<マルキスト>と<トロツキスト>は違う、という意味で使っている。詳細は後で述べる)。その雑誌の巻頭特集(と言っていいのかな、毎号そうなるとは限らないのがこの雑誌のいいところなのだけれども)で、何とホンマタカシ氏による「a critical biography VOL.1 きわめてよいふうけい 2010年の中平卓馬」の連載が始まったのだ。ホンマタカシ氏は写真家であるが、中平卓馬氏にかかわるドキュメンタリー映画『きわめてよいふうけい』の作者でもある。

 勿論、それが何で始まったかと言えば、中平卓馬氏の『来るべき言葉のために』が復刊されたことによるものだ。まるで写真集らしくない装丁の写真集『きたるべき言葉のために』に出会った際の驚きからはじまって、まさに『きわめてよいふうけい』にいたる<さわり>の第1回連載。

 取り敢えず連載1回目としては、あまりホンマ氏による中平評は入ってはいないのだが、これからどうなるのであろうか。

 現在の中平氏自身はカラー、縦位置撮影のまさに『植物図鑑』としかいえないような写真をずっと撮り続けている。まさに『なぜ植物図鑑か』である。それが、中平写真の実相なのだろうか、実は・・・というようなことはないのだろうか。あるいは、<PROVOKE>時代と同じような写真(でも「アレ・ブレ・ボケ」はないし、最近はデジタルカメラも使っているらしい)を、相変わらずモノクロで撮り続けている森山大道氏に対する<批判>なんてものもないのだろうか・・・という中平氏の話はこれからだ。

 実に楽しいことである。

 福田和也氏も面白いことをやる人である。さすがに、田中長徳氏を<飼っている>だけのひとである。

 ええっと、それでさっきの<マルキスト>と<トロツキスト>の違いなんだけど。要は、将来時代に希望を持っているのが<マルキスト>であり(それは「共産主義」に希望を持っているということなんだけれども)、それと逆に、将来に対して希望とか、夢とか、そんなものを持っていないリアリストが<トロツキスト>というだけの違いである。

 いわゆる(一国社会主義ということで)実現してしまった<社会主義><共産主義>に対して、決して夢を持たなかった人たちが<トロツキスト>なのである。

 永続革命とは、一国社会主義のように「できればいいじゃん」というものではなくて、永遠に革命を続けていかなければならないという、実はとってもつらいことなのです。

 とはいうものの、今月の『en-Taxi』は買いです。「作家評伝 Mea Culpa」という特集記事を載せているためか、小島信夫氏の作家評伝が文庫本1冊くらいの厚さで、別冊付録としてついて860円というお値段は買いですね。

 

« 鯨肉はそんなにおいしくないんだけども、だからといって食べてはいけないなんてことはない | トップページ | 「時代小説」どころか、もはや「小説の終焉」ですよ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/48985094

この記事へのトラックバック一覧です: 『en-taxi』はさすがに面白い。いまや文芸誌の最高位置にいるのではないか。といっても「文芸誌」の・・・ですけど。:

« 鯨肉はそんなにおいしくないんだけども、だからといって食べてはいけないなんてことはない | トップページ | 「時代小説」どころか、もはや「小説の終焉」ですよ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?