フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 「就活」もいい加減やめれば・・・って誰が言うのかなあ? | トップページ | マルクス主義とトロツキー主義は永遠の左翼反対派である »

2010年6月 6日 (日)

最近は「電動アシスト」疑惑ってのもあるんだ

 4/26のブログで「グラン・ツールはファビアン・カンチェラーラに注目」という記事を書いたが、それにまつわるトンでもない話が出てきた。出どころは6/3日付の「ラ・ガゼッタ・デッロ・スポルト」というジロ・デ・イタリアの主催で有名なイタリアのスポーツ新聞である。

 4/26の記事はカンチェラーラがロンド・ファン・フラーデン(ツール・ド・フランダース)とパリ~ルーベのふたつのレースの終盤の追い込みで勝ったのを見て、その勝ちっぷりに驚いて書いたものだ。両レースとも最後の場面で突然スパートをかけたカンチェラーラが、そのままトム・ボーネンらを置いていって、結局圧倒的な差をつけて買ってしまったのだが、特にロンド・ファン・フラーデンではカンチェラーラってこんなに登りで強かったのかしら、と思わせる速さで、「タイムトライアルの人=ファビアン・カンチェラーラ」というイメージを一新する強さだった。

 噂はそんなところから出てきたわけなのだが、ところが面白いことによくある「ドーピング」疑惑でなく、なんとなんと「電動アシスト」疑惑なのである。えっ、そんなものが自転車についていればすぐバレるのに、と思っていたらちょっと太めのシートチューブの中にバッテリーとモーターが仕込まれていて、ボトムブラケットの中にギアがあって回転力を伝えるというもの。ハンドルのブレーキブラケットにふたつのボタンがあって、それでコントロールするらしい。装置全体の重さは約900グラムで、約100ワットのパワーを60~90分の間、出せるというものである。普通は数キログラムあるはずの電動アシスト装置であるから、それがパワーを出さずにいる間の重量的な不利があるはずなので、電動アシスト装置は競技用自転車の世界からは関係ないものと思われていた。しかし、装置全体で900グラム位であれば、現在の競技用ロードバイクの最低重量9.8kgを下回る重量のカーボン製バイクを作るテクノロジーがあるのがメーカーである、電動アシスト装置をつけたところで最低重量に近いバイクを作ることは可能かもしれない。

 なるほど、電動アシストがあればこその、あのラストスパートか、それも不得意だったはずの登りでのスパートってなあ。と、なるほど「電動アシスト疑惑」が出てくるのもやむを得ない状況ではある。また、ドーピングだったらあんなに突然のパフォーマンス発揮状態になるのもおかしいというところだろうし、何かそのきっかけになる注射か何かが必要になり、それを衆人環視の中でやるのは難しかろう。その辺も、見えにくいスイッチ一つ入れれば済んでしまう電動アシストの方がやりやすい。

 ただし、シートチューブの中にバッテリーとモーターとギアを仕込むことは可能だろうが、問題はそれらの装置が実際にサイクリストをアシストするほどのパフォーマンスを生み出すことが可能なのだろうかということである。現在は、電気自動車の研究が相当に進んでおり、以前に比べるとバッテリー、モーターともにかなりのパフォーマンス向上が見られている。とはいうものの、「人+バイク」で70kg~80kgほどの重さを30分位の時間にわたって移動させるほどのパフォーマンスを見せる装置が出来れば、それはすごいテクノロジーの進展である。何らかの、メーカーからの発表があるはずである。少なくとも自転車に「内緒で」取り付けて、「違法に」レースで使うような方法じゃなくて、正々堂々と発表するはずである。その方が、その会社の株だって上昇するってもんだ。

 ということで、毎度どこかの選手がハイ・パフォーマンスを見せると「ドーピングだ」と騒ぎ立てる輩が出る自転車業界である。今回も、その一つだと思いたいが、一方、電動アシストがあっても面白いかもね、という興味がある。問題は、選手がそんなバレたら一生もんの危険を冒すだろうか、というところだけど。

 まあ、オランダ国籍のデンマーク・スポンサーのチーム・サクソバンクに所属する、スイス国籍のファビアン・カンチェラーラの話である。イタリアのラ・ガゼッタ・デッロ・スポルトにとってみれば書いて書き捨て扱いの記事なのだろう。いかにも面白がって書いているというのが分かる書き方でありました。

 勿論、チーム・サクソバンクは「馬鹿馬鹿しい」とばかりに、一回否定記事を出しておしまいだけどね。再反論があれば面白いのにな。

 

 

« 「就活」もいい加減やめれば・・・って誰が言うのかなあ? | トップページ | マルクス主義とトロツキー主義は永遠の左翼反対派である »

自転車」カテゴリの記事

コメント

いやあ面白いですね。
思わず真面目になって読んでしまいました。

ジョークネタにしては物凄い、こんな論文??がありました。全然理解できないですが、ご参考で、ドウゾ

http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=6922&forum=48&post_id=11717#forumpost11717

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/48556301

この記事へのトラックバック一覧です: 最近は「電動アシスト」疑惑ってのもあるんだ:

« 「就活」もいい加減やめれば・・・って誰が言うのかなあ? | トップページ | マルクス主義とトロツキー主義は永遠の左翼反対派である »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?