フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 群馬県太田市にすごい才能を見つけたぞ | トップページ | 今なら見ておけ「密約 外務省機密漏洩事件」 »

2010年4月14日 (水)

もう出版もアマチュアの時代かもね

 ラウブドアのセミナー『雑誌サバイバル時代の次世代ターゲットメディア戦略』に参加してきた。トークセッションの出演者はインフォバーンの小林弘人氏、小学館の藤井敬也氏、ライブドアの田端信太郎氏の三人。セミナーの目的は「出版社様向け お手軽ブログメディア構築プランのご案内」というところのあるのだが、まあ、それは無料セミナーではよくあることなのでやむを得ないであろう。

 面白かったのは、田端氏が運営するBLOGOSというブログメディアの立ち位置である。BLOGOSは、約200人余りの人のブログを紹介するネットメディアである。その200人の人とは政治家や実業家を始めとする情報発信源にいる人、有名なブロガーなどのちょっと一般人からみれば情報発信源、しかし基本的には情報受取人という人、そして一般ブロガーなどがいる。要は、その200人余りの人のブログを日々見続け、それを紹介するということなのだ。しかし、その紹介するという部分でメディア側の「編集」作業が入る。勿論、ブログにUPされた記事はそのまま載せるのだが、どのブログを載せるのかはメディア側の作業である。既にブログとしてネットに載っているものなので、BLOGOSで紹介されなくても、ブログは公開されている。しかし、BLOGOSではそれを紹介するかしないかは、BLOGOS側の作業として。「これは紹介する意味があるのかどうか」取捨選択される。これを「編集」というのだ。

 ただし、この「編集」という作業についての田端氏の考え方が面白い。

 要は、雑誌の編集の仕事との比較で話をするのだが、言ってみれば雑誌の編集は編集長の100%指揮下におかれた形でしかあらわれないのに比べて、例えば2ちゃんねるのようなメディアはこうしたコントロールは一切加えられない100%勝手に物を言えるメディアである。BLOGOSに関してはこの辺のコントロールが中間的な存在であり、あるブログを取り上げるかどうかは編集作業が入るのだが、そのブログはまったく元のままで表現されるし、どのブログを取り上げるかは、日々刻々変わっていくというのである。

 同じことは新聞でもやっている、いわゆる全国紙といわれる新聞では、地方で販売される版からだんだん下版していって、最終的に東京版は15版位になって販売される。つまり、雑誌の校了作業を15回位やっているのだ。しかし、問題はこの作業にかかる費用の問題である。新聞の15版ということは、15回版を作っては壊しを繰り返すのである。これは全国紙として莫大な資本を持った会社しかできないことだ。しかし、ネット上の作業では、例えば15回校了を繰り返したとしても、お金はまったくかからない。かかるのは、15回校了を繰り返した時間に仕事をした人間の人件費だけである。この人件費もいまや高騰した出版社の人件費は大変だけど、ネット企業の低い人件費なら、全く問題がないということなのだろう。

 さらに、田端氏がいうには、こうしたブログメディアの最大の競争相手は個人ブログであるといのである。たしかに、BLOGOSも企業がやっているブログメディアである以上、経済競争には勝たなければならないのであるが、競争相手が個人ブログとあっては、相手は経済コストゼロである。確かに、アメリカの調査であるがブログ全体の50%は個人ブログであるそうな。こうした個人ブログと競争するのは、確かに大変だな。こりゃ出版のプロが出る幕ではないようだ。むしろ、出版のアマチュアが、これからのネットメディアの主流になるのではないか。

 出版のアマチュアの興したネットメディアの後を、プロのネットメディア編集者が追いかける。そんな、時代を想定したのであった。

« 群馬県太田市にすごい才能を見つけたぞ | トップページ | 今なら見ておけ「密約 外務省機密漏洩事件」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/48081268

この記事へのトラックバック一覧です: もう出版もアマチュアの時代かもね:

« 群馬県太田市にすごい才能を見つけたぞ | トップページ | 今なら見ておけ「密約 外務省機密漏洩事件」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?