フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 岡田会通信②あけましておめでとうございます | トップページ | 浦安はまだお正月 »

2010年1月 4日 (月)

フリーに代わるパラダイムは?

「フリー <無料>からお金を生みだす新戦略」(クリス・アンダーソン著/2009年/NHK出版刊)

 同じ著者の「ロングテール」(2006年/早川書房刊)が話題になったのに、この「フリー」と「ロングテール」を並列販売している書店は一軒もない。単に書店が不勉強なのか、あるいは出版社が違うので、うまく連携がとれないのかわからないが、まさにこんなことが「ロングテール」を生かせない売り方なんだよな。

 閑話休題、<フリー=自由、無料>というわけだが、この本ではむしろ<無料>の方に力が入っている。デジタルのものはどんどん<タダ>になってきていて、この動きは抑えられない。ならば、そのための準備をしようという本なのだ。

 しかし、考えてみれば<貨幣経済>の始まりこそ紀元前7世紀という古いものなのだが、実際に、現在の我々がとらわれている「すべての価値観が金銭に基づくもの」という経済が出始めたのは、たかだか200年そこいらのことなのだ。19世紀にイギリスで始まった産業革命が労働者階級と金融資本を生みだした。この「自らの手で何物も作りださない」二つの階級<労働者>と<資本家>によって「すべての価値観が金銭に基づく」社会を作り出したのだ。ヨーロッパや我が国においても、20世紀前後になって、やっとこの「すべての価値観が金銭に基づく」社会ができてくる。

 江戸時代までの日本は、たとえば侍の俸給は「米」(何石何人扶持というような言い方)であらわされていたし、明治の前半までは、まだ自分の手で物を作る人たちが多くいた。たとえば、農民と職人の間での取引は「物物交換」によるものが普通であったし、農民と漁民、職人などの間ではこうした経済学では捉えられない経済状態が普通だった。一部、都会の商人のみが貨幣経済を行ってきていたのだ。しかし、産業革命によって金融資本と労働者が出現し、こうした「自らの手で何物をも作りださない」商人経済へ移行した結果、経済学で捉えられるような<完全貨幣経済>、つまり金融独裁資本主義の時代を迎える。

 つまり、長い人間の歴史の中で<完全貨幣経済>の時代は、たかだかここ150~200年のことに過ぎないといえる。したがって、その長い人間の歴史の最後に迎えた<コンピュータ経済>の時代に至って、再び<金銭>以外の方法で<ものの価値を測る>時代がやってきたというだけのことである。

 金融独裁資本の国、アメリカ人のクリス・アンダーソンにとっては、ずいぶん大きな時代の変化のように見えるけど、我々日本人からすれば、たかだか150年ほど前の時代のやり方が、また蘇ってきただけのことである。しかし、骨の髄まで金融資本に蝕まれてしまっている我が国の経済人にとっては、いまの時代相は未曾有の危機と映る。

 私は、むしろデジタルのおかげで<すべての価値観が金銭に基づく>社会が終焉し、いろいろな価値観が混在する、本来の人間の歴史が始まるのではないかと期待する。ただし、新しく出現する価値とは何なのか? その萌芽が見えているのか? を期待した私の気持ちは裏切られた。

 やはり、クリス・アンダーソンも現実の分析家、評論家にすぎないのであって、予言者ではないということなのか。でなければ「フリー=タダ」なんてことは既に我々は知っていることであるし、新しいパラダイムを提示しないかぎりはあまり読んでみて、なるほどと頷首することはない。

 まあ、現実の「デジタル=フリー=タダ」が、何故なのかを理解していない人にとっては、有意義な本ではあるけれども。

« 岡田会通信②あけましておめでとうございます | トップページ | 浦安はまだお正月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/47200390

この記事へのトラックバック一覧です: フリーに代わるパラダイムは?:

« 岡田会通信②あけましておめでとうございます | トップページ | 浦安はまだお正月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?