フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 死刑囚とのマスタベーション | トップページ | 武器と戦争と・・・あとは何があるの? »

2010年1月19日 (火)

坂本龍馬と化粧品の接点は?

 六本木、東京ミッドタウンのフジフィルムスクエアで開催されている『写真で辿る「坂本龍馬の生きた時代」』という写真展を見てきた。

「坂本龍馬の写真展」かと思ったのだが、そうではなく、他の幕末に生きた、「坂本龍馬の同時代人の写真展」で、展示されているそれぞれの人の写真も、いずれいろいろなメディアで既に私たちが見ていたものばかり。坂本龍馬の写真も、その他の人の写真も、既にメディアに出ている写真ばかりである。龍馬を撮った上野彦馬のその他の写真や、上野と同時代の写真家の作品もいくつか展示されているが、それも以前、東京都写真美術館で見たことがあるような。

 考えてみれば、写真を撮ること自体が非日常的な時代のことである。写真があること自体が珍しいことなのだから、そんなに写真が残されている筈はないか。

 まあ、そんなところはちょっとガッカリなんだけど、取り敢えず今の「龍馬ブーム」の中の企画なのだからしょうがない。しかし、坂本龍馬と岩崎弥太郎の簡単な歴史をみるのには適当だし、NHKの『龍馬伝』を見る際の一助にはなるかな。

 一緒にNHK『龍馬伝』の展示もやっていて、こちらは福山雅治の持ち道具の展示なんかもやっている。ってことは、フジフィルムってNHKとタイアップでもしているのかな。あるいは、技術協力という名のスポンサーだったりして。

 それはいいとして、福山雅治の坂本龍馬ってカッコ良すぎない? 岩崎弥太郎の汚さもすごいけど。<坂本龍馬=美男・カッコ良い×岩崎弥太郎=ブ男・汚い>という二者対比の中から、いずれ二人が協働して海援隊を動かし、坂本が死んだあとは、岩崎が三菱財閥の大元を作り上げていく、というストーリーなのだそうだけれども。龍馬ってもうちょっとブ男の方が、なんかイメージなんだよね。まあ、<龍馬かぶれ>の武田鉄矢ほどではないけどね。

 会期は2月25日まで。2月6日(土)には『歴ドル美甘子と学ぶ! 「坂本龍馬幕末歴史検定』事前対策講座」というイベントもあるようです。

 龍馬フリークなら一見の価値ありだし、無料展示なので、六本木に行った際には立ち寄ったらいかがでしょうか?

 しかし、いまやフジフィルムって化粧品や美容ドリンクまでやっている会社なんですね。まあ、もはや写真フィルムだけじゃやっていけないことは知ってはいたんだが。そこまでやっていたとは。 

 

« 死刑囚とのマスタベーション | トップページ | 武器と戦争と・・・あとは何があるの? »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/47340253

この記事へのトラックバック一覧です: 坂本龍馬と化粧品の接点は?:

« 死刑囚とのマスタベーション | トップページ | 武器と戦争と・・・あとは何があるの? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?