フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 国家のブランド | トップページ | 東京散歩カメラ2 »

2010年1月23日 (土)

鷹の爪を煎じて飲むと?

 昨日「ちょーくだらないアニメ」と書いた『秘密結社 鷹の爪』が現在東宝シネマで公開されている。題して『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE 3 http://鷹の爪.jpは永遠に』という、前作『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE 2 私を愛した黒烏龍茶』に引き続き見もフタもないタイトルである。

 蛙男商会がごく小人数で作ったFLASHアニメーションなので、ほとんど口パクだけの動きしかない。本当はFLASHだってもう少しは動かせるのだけれども、まあ、このほとんど動かさないバカバカしさが面白いのだろう。これもネタの一つである「バジェットゲージシステム」も健在だし、「プロダクトプレイスメント」や、前作で使った「ネーミングライツ」も相変わらずである。「目覚ましたいむ」や「あらスジタイム」などが新しく加わって、これは実はブレヒトの言う「異化効果」なのだけれど、蛙男商会は多分そんなことは知らずに使っているのだろう。この作品自体がゴダールもびっくりの異化効果たっぷりの作品なのだが、その最たるものが最後に出てくる、白組製作の3DCG映像「博士の動く城」なのだ。本来は観る者を自然に映像に入りこませるための3DCGの筈が、それまでのFLASHアニメが普通の映像である作品であると、逆にこの3DCGの方が「違って」見えるのである。

 製作費的にもこの安手の作品のかなりな部分をしめているであろう3DCGの効果は、なかなか大きいものがある。

 今回はアメリカのオババ大統領が突然の核放棄宣言をすることから話が始まり、「おお、こりゃ大きく出たな」と思わせておいて、まあ、いつもの展開かなと予想するのだが、以外にこの部分は真面目に作っている。いつもの鷹の爪と違うんじゃないの。ということは、その後のお話の展開はまあ予想通り。あまり破綻のない展開になってしまっている。

 そして最後が「博士の動く城」であっては、ちょっと予定調和? 鷹の爪ファンには少し不満が出るかもしれない。

 最後に「ちょーくだらないアニメ」という言い方は、ホメ言葉なんだけどね。

« 国家のブランド | トップページ | 東京散歩カメラ2 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/47369451

この記事へのトラックバック一覧です: 鷹の爪を煎じて飲むと?:

« 国家のブランド | トップページ | 東京散歩カメラ2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?