フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 「35ミリ最前線を行く 一カメラマン戦場の旅」 | トップページ | 王子の狐 »

2009年12月18日 (金)

今ウェブは退化中ですが、何か?(講談社/12月刊)

 中川淳一郎氏の「ウェブはバカと暇人のもの」(光文社新書/2009年6月刊)に次ぐ本である。

 前著ほど(一部の人には)刺激的なタイトルではないが、この「~、何が?」という言い方自体が、誰かわからない相手に喧嘩を売るための、タイトルづけなのだ。

 とはいうものの、「ウェブはバカと暇人のもの」ほどには、ウェブ漬けになっている人間に喧嘩を売っているわけではない。というか、「ウェブはバカと暇人のもの」で言っていたことを後付けして、実例をあげているのである。むしろ、(私にとって)良かったのは、Twitterに関する記載だ。中川氏にとってはTwitterなんてのは、無駄に時間を使うだけのツールにしぎない、ということだ、

 確かにTwitterのやり方を見ていると、なんか「ずっとこのメディアに付き合っていなければいけないんじゃないか」。要は、永久チャット状態になってしまうんじゃないか、という恐れをこのメディアを見たときにおもった。そんな暇はないし(高齢者サラリーマンなので結構暇なのではあるけれどそこまで暇じゃない)、そこまでして追いかけるネタもあるわけじゃないし、まあ、自分に対するフォロワーでもいればいいんだろうけど、まあ、そこまでの人間じゃないし、というところである。

 まあ、Twitterは様子見だなという、前回の書き込みと同じ結論がでました。会社が、私をTwiter担当者にでもしない限りはね。

« 「35ミリ最前線を行く 一カメラマン戦場の旅」 | トップページ | 王子の狐 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/47054762

この記事へのトラックバック一覧です: 今ウェブは退化中ですが、何か?(講談社/12月刊):

« 「35ミリ最前線を行く 一カメラマン戦場の旅」 | トップページ | 王子の狐 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?