フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« イングロリアス・バスターズ | トップページ | クラッシュボウル »

2009年11月28日 (土)

M6ご臨終

 ということになりました。

 というか、4~5日前にそのライカM6を落っことしてしまたんだよね。そしたら、距離計が縦ズレ、横ズレ起しちゃって、おまけにカウンターが5までしか戻らない状態に。

 浅草のハヤタカメラに持ていったんだけど、「これはダメですね」とのことで、もともとハヤタカメラはM5までしか扱っていないとのこと。まあ、確かに「クラシックカメラ」のハヤタカメラだもんな。

 ということで、銀座のライカサービスに持って行ったんだけど、結果はオーバーホールとトップカバー交換を含めて23万円の見積もり。「にじゅうさんまんえん!」って、結構状態のいいライカが中古で買えちゃう値段じゃない。多少外見に目をつぶれば、M3とM2が2台買えちゃうよぅ。今日言ったハヤタカメラには、ブラックM4-2にMRメーターがついたのが10万5千円位で出ていたしな。これ買っちゃおうかなぁ。

 もうM6はいいや、いずれ余裕がでたら直すことにして、新しい(古い)のを買おう。とりあえずはM3があるからいいや。RD1-sもあるし、50mmまでならM3でOKだし。28mmもライカファインダーもあるし、という「余裕」(って何が?)で、修理はお断り。

 ということで、とりあえずM6はご臨終って訳です。といっても、我が家のカメラ庫には入る訳なんだけど、やっぱりM6は中途半端なのかな。どうせなら、M4かM2のほうがいさぎよい、ということかもしれない。

 ま、どうせならM9だけどね。それは、いつの日か。

 ということで、M6をご臨終にして、銀座と三ノ輪、浅草をコンタックスT2+トライXで。

 しかし、久しぶりに手にしたコンパクトカメラは「こんな手軽に撮れるんだ」という感激もあるけど、逆に「こんなに手軽に撮れてしまっていいんだろうか」という感じにもなる。まず、撮影する緊張感がない。ノーファインダーで撮ってもピントはあってしまう。「この位の距離だよな」とフォーカスを合わせる緊張感なしても撮れちゃうんだよね。これが。

 こんな緊張感のない撮影で緊張感のある写真を撮っている森山大道って・・・、と改めてすごいなって。

 まあ、上がったネガを見ればもっとすごいことになるんだろうけど。

 そういえば、ライカサービスの見積もりが出る間に、天米で天丼食べたんだけど、以前に比べると海老天やかき揚げ天の大きさが小さくなったような。まあ、相変わらずおいしいからいいんだけどね。

« イングロリアス・バスターズ | トップページ | クラッシュボウル »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/46884304

この記事へのトラックバック一覧です: M6ご臨終:

« イングロリアス・バスターズ | トップページ | クラッシュボウル »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?